クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2017.01.10 公開日:2017.01.10

【Google検索ランキング2016】グローバル編-世界は何に注目!?

np170110-01-01.jpg

検索されたということは、注目されたということであり、2016年を思い出せるニュースやイベント、人々である。

 Googleが2016年12月14日に発表した、2016年の検索ランキング。日本国内編に続いては、各国すべてを合わせた、要は「すべての地域(グローバル)」の各カテゴリートップ10を紹介。

 グローバルのカテゴリーは、「Searches」、「Global News」、「People」、「Consumer Tech」、「Global Sporting Events」、「Losses」、「Movies」、「Musicians」となっている。

【Searches(急上昇)】

 同カテゴリーは日本国内では「急上昇」に当たり、こちらも1位は「Pokémon Go」となった。5位の「Powerball」や「Slither.io」などは日本人には馴染みが薄いが、それ以外の単語は、日本でも注目されたものであり、納得できるのではないだろうか。

1位:Pokémon Go(ポケモン go:日本では7月からサービスが始まったスマホ用ゲーム)
2位:iPhone 7(9月発売開始の、アップルのスマホの最新機種)
3位:Donald Trump(ドナルド・トランプ:17年1月20日に就任予定の第45代米大統領)
4位:Prince(プリンス:アーティスト、4月に57歳で急逝)
5位:Powerball(パワーボール:米国の高額宝くじ、ほかにトレーニンググッズも)

6位:David Bowie(デヴィッド・ボウイ:アーティスト、1月に69歳で他界)
7位:Deadpool(「デッドプール」:「アベンジャーズ」や「X-MEN」などにもゲスト出演する、マーベル・コミック原作のダーティー・ヒーローを主役にしたアクション映画で、日本では1月公開)
8位:Olympics(8月に開催されたリオ五輪)
9位:Slither.io(スリザリオ:ワーム(ミミズ)をキャラクターとしたマルチプレイヤーによる対戦型アクション)
10位:Suicide Squad(「スーサイド・スクワット」:「バットマン」や「スーパーマン」などのDCコミックス原作の、ジョーカーを筆頭とする、それらの作品で活躍するの敵役の犯罪者(スーパーヴィラン)を主役としたダーティー・ヒーロー・アクション映画、日本では9月に公開)

【Global News(ニュース)】

 このカテゴリーは、日本国内でいう「ニュース」に当たる。日本国内のトップ10には、「ポケモン go」、「オリンピック」、「smap」、「君の名は」、「シンゴジラ」、「ピコ太郎」、「iPhone7」などが入っており、日本の平和さ、またテロや射殺事件などに対する関心がそれほど高くないことがうかがえる結果となった。

1位:US Election(アメリカ大統領選)
2位:Olympics(オリンピック)
3位:Brexit(Britainとexitを合わせた造語で、EUからのイギリスの脱退問題(6月に国民投票を実施)を意味する)
4位:Orlando Shooting(6月に発生した、米フロリダ州オーランドの同性愛者のナイトクラブで発生した銃乱射事件)
5位:Zika Virus(ジカ(熱)ウィルス:2月に世界保健機関(WHO)から緊急事態(PHEIC)宣言)

6位:Panama Papers(パナマ文書:漏洩によって16年4月に公開された、租税回避に関する機密文書)
7位:Nice(ニース:7月に発生した、フランス南部の都市ニースにおける、84人が死亡したトラックテロに関する検索と思われる)
8位:Brussels(ブリュッセル:ベルギー及びEUの首都、Brexit問題と関連していると思われる)
9位:Dallas Shooting(7月に米テキサス州ダラスで発生した、警官が黒人男性を射殺したことに対する抗議デモで、警官射殺事件)
10位:Kumamoto Earthquake(熊本地震:4月に熊本県を中心に発生した大地震)

→ 次ページ:
続いては、人に関する3カテゴリー

【People(話題の人)】

 話題の人カテゴリーのグローバル版。とても有名なあまり日本人に馴染みのない7位の「スティーブン・エイブリー」以外は、おおよそ納得のいくランキングではないだろうか。なお、グローバルとはいいつつも、米国人に関する検索がトップ10の多数を占めていることから、米国での検索結果の影響がとても大きいものと予想される。

1位:Donald Trump(ドナルド・トランプ)
2位:Hillary Clinton(ヒラリー・クリントン:16年の米大統領選でトランプと争った民主党の女性政治家)
3位:Michael Phelps(マイケル・フェルプス:五輪メダル獲得数史上1位の記録を持つ米競泳選手)
4位:Melania Trump(メラニア・トランプ:ドナルド・トランプ夫人)
5位:Simone Biles(シモーネ・バイルズ:米国のリオ五輪の金メダル女性体操選手、技のすごさで注目された)

6位:Bernie Sanders(バーニー・サンダース:2016年米国大統領選に民主党から出馬した、無所属の政治家)
7位:Steven Avery(スティーブン・エイブリー:えん罪だった元・米国受刑者)
8位:Céline Dion(セリーヌ・ディオン:カナダ人女性歌手)
9位:Ryan Lochte(ライアン・ロクテ:リオ五輪金メダル競泳選手、虚偽の強盗被害をした)
10位:Tom Hiddleston(トム・ヒドルストン:英国人俳優、マーベル映画「マイティー・ソー」「アベンジャーズ」シリーズのロキ役など)

【Musicians(ミュージシャン)】

 ミュージシャンの検索結果。唯一日本人でトップ10入りをしたディーン・フジオカは、アジア圏での活動により、検索件数が伸びたものと思われる。

1位:Céline Dion(セリーヌ・ディオン)
2位:Kesha(ケシャ:米国女性アーティスト)
3位:Michael Bublé(マイケル・ブーブレ:カナダ人アーティスト)
4位:Creed(クリード:絶大な人気を誇る米国のロックバンド)
5位:Dean Fujioka(ディーン・フジオカ:アジア圏でも活躍する、日本の俳優、ミュージシャン、モデルなどのマルチタレント)

6位:Kehlani(ケラーニ:米国女性R&Bアーティスト)
7位:Teyana Taylor(テヤナ・テイラー:米国女性ダンサー/歌手)
8位:Grace Vanderwaal(グレース・ヴァンダーウォール:17年1月15日で13歳を迎える米国女性シンガーソングライター)
9位:Ozuna(オズナ:男性アーティスト)
10位:Lukas Graham(ルーカス・グラハム:デンマーク出身のソウル・ポップ・バンド)

【Losses(話題の人(故人))】

 他界した人のトップ10。16年は、「プリンス」や「デヴィッド・ボウイ」など、日本でも著名なアーティストが亡くなった年でもあった。日本国内に関しては、「話題の人(故人)」というカテゴリーが設けられているが、全員日本人である。

1位:Prince(プリンス)
2位:David Bowie(デヴィッド・ボウイ)
3位:Christina Grimmie(クリティーナ・グリミー:米国の女性シンガーソングライター、6月に熱狂的なファンに射殺された。享年22歳)
4位:Alan Rickman(アラン・リックマン:「ハリー・ポッター」シリーズのスネイプ先生役などで知られるイギリス人俳優で、1月に69歳で他界)
5位:Muhammad Ali(モハメド・アリ:元WBA・WBC統一世界ヘビー級チャンピオン(ボクサー)、6月に74歳で他界)

6位:Leonard Cohen(レナード・コーエン:カナダ人シンガーソングライター、11月に他界、享年82歳)
7位:Juan Gabriel(ファン・ガブリエル:メキシコ人歌手、8月に66歳で他界)
8位:Kimbo Slice(キンボ・スライス:米国を主戦場としたバハマの総合格闘家で、6月に42歳で急逝)
9位:Gene Wilder(ジーン・ワイルダー:米国の俳優・映画監督で、8月に83歳で他界)
10位:José Fernández(ホセ・フェルナンデス:米国メジャーリーグのマイアミ・マリーンズの投手だったが、9月にボート事故で24歳で急逝)

→ 次ページ:
続いては、テクノロジー、スポーツ、映画など

【Consumer Tech(一般向けテクノロジー)】

 9位の「Nintendo Switch」以外は、ほぼすべてスマホ(モバイル端末)となっており、中でもiPhoneは世界的にも注目度が高いことが改めてわかる。

1位:iPhone 7
2位:Freedom 251(インドの格安スマホ)
3位:iPhone SE(3月発売の、アップルのスマホ)
4位:iPhone 6S(15年9月発売の、アップルのスマホ)
5位:Google Pixel(Googleのモバイル端末などのブランド名)

6位:Samsung Galaxy S7(5月発売のサムスンのスマホ)
7位:iPhone 7 Plus(9月発売のアップルのスマホ最新機種)
8位:Note 7(サムスンのGalaxyシリーズのスマホ、爆発、発火などの問題を起こした)
9位:Nintendo Switch(国内では17年3月発売予定の、任天堂の最新家庭用ゲーム機)
10位:Samsung J7(サムスンの中国市場向けのGalaxyシリーズのスマホ)

【Global Sporting Events(スポーツイベント)】

 なるほど、と納得できるスポーツイベントが多いが、日本人にとって興味深いのがやはり7位の「T20 World Cup」だろう。クリケットは日本ではマイナースポーツだが、海外ではまた異なるということがわかる。

1位:Rio Olympics(リオ五輪)
2位:World Series(米メジャーリーグのワールドシリーズ)
3位:Tour de France(ツール・ド・フランス:フランスで毎年7月に開催され、世界3大自転車ロードレースの中で最も有名な大会)
4位:Wimbledon(ウィンブルドン:毎年6月にイギリスで開催される、テニス4大国際大会のひとつ)
5位:Australian Open(全豪オープン:毎年1月にオーストラリアで開催される、テニス4大国際大会のひとつ)

6位:EK 2016(UEFA EURO 2016フランス大会:6月に開催された、サッカーのヨーロッパ各国代表チームが戦う大会)
7位:T20 World Cup(ICC(国際クリケット評議会)ワールド・トゥエンティ20世界選手権大会)
8位:Copa América(コパ・アメリカ:南米サッカー連盟主催の大会で、同連盟に加盟する10か国に招待国2か国を加えた12か国で争われる)
9位:Royal Rumble(ロイヤルランブル:米プロレス団体WWEの年間の興行中で人気選手が最も参加する最大の特別イベントで、レスラー30~40人が参加するバトルロイヤル)
10位:Ryder Cup(ライダーカップ:2年に1度開催されている、ゴルフのヨーロピアンツアーとアメリカツアーの代表選手による団体対抗戦)

【Movies(映画)】

 マーベルコミックスvsDCコミックスの激突といった形になった、2016年のグローバルな映画検索ランキング。ただし、この検索件数が、そのまま映画の実際の興行収入や評価と同じというわけではない。

1位:Deadpool(デッドプール)
2位:Suicide Squad(スーサイド・スクワット)
3位:The Revenant(「レヴェナント: 蘇えりし者」、米国製作の、実話を基にしたサバイバル・アドベンチャーで、日本では4月に公開された)
4位:Captain America Civil War(「シヴィル・ウォー/キャプテン・アメリカ」:「アベンジャーズ」でも活躍するキャプテン・アメリカ単独の第3作(実際にはアベンジャーズのメンバーが多数登場)、日本では4月に公開された)
5位:Batman v Superman(「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」:「バットマン」や「スーパーマン」などのDCコミックス原作のハリウッド映画で、複数のヒーローが同じ世界で活躍する作品。日本では3月公開)

6位:Doctor Strange(「ドクター・ストレンジ」:「アベンジャーズ」と世界観を同じくする、マーベルコミックス原作のアクション映画で、医者であり魔術師であるドクター・ストレンジが活躍。日本では17年1月公開)
7位:Finding Dory(「ファインディング・ドリー」:ディズニー/ピクサーのフルCGアニメ「ファインディング・ニモ」の第2弾で、ナンヨウハギのメスであるドリーが主人公。日本では7月公開)
8位:Zootopia(「ズートピア」:4月公開のディズニーのフルCGアニメ映画。擬人化された動物たちによる物語)
9位:The Conjuring 2(「死霊館 エンフィールド事件」:米国製ホラー映画で、「死霊館」シリーズ第2弾。日本では7月に公開)
10位:Hacksaw Ridge(「ハクソー・リッジ」:日本では17年公開予定の、メル・ギブソン監督による太平洋戦争の沖縄戦を題材とした戦争映画)

2017年1月10日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

関連記事

えっ、◯◯◯◯じゃないの? 2016年に最も検索された検索ワード一挙公開(日本国内編)
【JAF会員優待あり!】相田みつを美術館で、”心洗われる”凄さを体験してほしい。
感涙必至!女子中高生90名の映像ワークショップ作品が、11/20日本科学未来館で公開される
「ジオンの滝」交差点が大分県に登場! 国交省、交差点名を分かりやすく改修中

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)