2018年05月09日 15:00 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 【三菱のラリーカーを集めてみた!】
1970年代から2000年代まで! 「ランサー」シリーズ大集合


三菱最後のWRCグループAマシン「ランエボVI TME」

sn180501-04-05.jpg

CP9A型「ランエボVI トミ・マキネン・エディション」(WRC用グループAラリーカー2001年仕様・レプリカ車)。全長4350×全幅1770(全高未公表)、ホイールベース2510mm。車重1230kg。エンジンは排気量1997cc、水冷直列4気筒DOHCターボ「4G63」。最高出力は290ps(213.3kW)/6000rpm、最大トルクは52.0kg-m(510N・m)/3500rpm。トランスミッションは6速MT。駆動方式はフルタイム4WD。モータースポーツジャパン2018にて撮影。エンジンのスペックは実際のラリーカーのもの。

 マキネンの名を冠した「ランエボVI トミ・マキネン・エディション(TME)」(CP9A型)は「ランエボ6.5」ともいうべき「ランエボVI」の進化型だ。その外見的な特徴は、「ランエボVI」から引き継いだ左右非対称のフロントマスク。右ヘッドランプの下にのみオイルクーラー用のエアダクトが設けられており、機能に合わせた空力デザインとなっていた。

 「ランエボVI TME」のWRCへの投入は2000年第9戦からで、同年の選手権は最終戦までもつれ込んだ。「ランエボVI TME」は最終戦で勝利し、マキネンの5年連続王座を達成するかに見えた。しかし、まさかのレギュレーション違反で最終戦のポイントが剥奪されてしまい、その結果として僅差で王座を逃すこととなった。レギュレーション解釈の誤解が招いたターボに関する違反が原因だった。

 そして翌シーズン初戦から投入された2001年仕様は、前年仕様よりもリア・サスペンションのストロークを30mm延長してハンドリング性能を向上させたほか、フライホイールの軽量化でエンジンレスポンスの改善が施された。画像の「ランエボVI TME」はそのレプリカ車だ。

 2001年仕様「ランエボVI TME」は同年第10戦まで投入され、3勝を挙げた。これにより1993年から始まったグループA仕様「ランサーエボリューション」は通算25勝をマークし、有終の美を飾ったのである。なお「ランエボ」は「IV」から「TME」を含む「VI」までを第2世代と区分される。

 三菱はこの後、第11戦からは同社で初の開発となる、WR(ワールドラリー)カー「ランサーエボリューションWRC」を投入(ただし、登録上は「ランエボVI」からはWRカー扱いだった)。なおWRカーとは、グループAマシンよりも広い範囲で改造を行ってもいいラリーカーのことである。

三菱WRC最後のワークスマシン「ランサーWRC05」

sn180501-04-06.jpg

「ランサーWRC05」。全長4360×全幅1800(全高資料なし)、ホイールベース2600mm。車重1230kg。エンジンは排気量1996cc、水冷直列4気筒DOHCターボ「4G63」。最高出力は300ps(220.6kW)/5500rpm、最大トルクは55kg-m(539N・m)/3500rpm。トランスミッションは5速セミAT。駆動方式はフルタイム4WD。約10年前のイベントのモータースポーツジャパン2007にて撮影。

 三菱は2001年からWRC専用に開発したWRカー「ランサー エボリューション WRC」を投入。2002年は、その改良型の「ランエボWRC2」で参戦するが、2003年は一時的に撤退。そして戦闘力のあるWRカーを3か年で開発する計画を立て、2004年の復帰1年目に「ランサーWRC04」を投入した。その後継車として2005年に投入されたのが画像の「ランサーWRC05」である。なお、2004年からは車名から"エボリューション"が外された。

 「ランサーWRC05」の外見的な特徴は、当時の新レギュレーションである最大1800mmの全幅に合わせたことで、フロント/リアフェンダー、リアクォーターパネル、バンパーなどの形状変更が「ランサーWRC04」から行われた。また拡幅に合わせ長尺のサスペンション・リンクやドライブシャフトが採用された。またサスペンションは新規に設計され、アップライトも改良されている。

 そしてエンジンは、従来通り2L・直列4気筒ターボの「4G63」型だが、新型ウェイストゲートとアンチラグバルブが採用され、マネジメントシステムも改良された。

 なお、三菱は当初WRカーを3か年計画で開発する予定だったが、2005年をもってワークス活動から撤退し、この後は「ランエボVII」以降の市販車をベースとした、プライベーターによるPCWRCプロダクションカー世界ラリー選手権や全日本ラリー選手権などへの参戦が続けられることになる。

→ 次ページ:
PCWRCや全日本ラリーなどで活躍!