2017年12月12日 15:00 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 初代「コルベット」や「ビートル」など、1950年代の輸入車たち!【動画あり】トヨタ博物館クラシックカー・フェス2017(2)


1959年のクルマたち

 1950年代編の最後は、1959年式の3台をお見せしよう。

オースチン・ヒーレー 100-6(1959年式)|austin-healey 100-6 1959

オースチン・ヒーレー「100-6」(1959年式)。「100-6」の中にもいくつかの種類があり、1959年式なので、エンジンが強化されたモデルと推測される。一般オーナーだけでなく、クラシックカー専門店が参加することもあり、同車はクラシック・ガレージが出展した。

シボレー コルベット C1(初代・1959年式)|chevrolet corvette c1 1959

こちらはのシボレー「コルベット」初代C1型は1959年式。C1型は1954年から1962年まで生産された。前ページで紹介した1958年式もセパレート型のフロントバンパーやグリルなどのクロームパーツがまぶしいが、こちらはボディが黒なのでなおさらシルバーが引き立つ。

メルセデス・ベンツ 190SL|mercedes-benz 190sl

メルセデス・ベンツ「190SL」(1959年式)。当時、世界的に大変人気が高かった高級車「300SL」の廉価版的な位置づけで開発された。そのため、「300SL」を手に入れられない人たちが飛びついたという。現在、国内の中古車市場でも見かけるには見かけるが、価格がうなぎ上りということで、2000万円オーバー。

オースチン・ヒーレー「100-6」(1959年式)、シボレー「コルベット」(1959年式)、メルセデス・ベンツ「190SL」(1959年式)の3台が走行する様子。

2017年12月12日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)