2017年10月24日 15:30 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 今もって人気の初代S30系
ラリーでも大活躍した
「フェアレディ240Z」!


リバティーウォークの強烈な1台!

 楠木みちはるの人気コミック「湾岸ミッドナイト」で主人公が乗っていたことなどの影響もあって、初代のS30系は現在も非常に人気が高く、チューニングカー市場では程度のいい車両が減ってきていることもあって価格が高騰しているという。

 画像は、フェラーリやランボルギーニなども独特の「改造」を施し、世界的な人気を誇る名古屋のショップ・リバティーウォークの「240ZG」ベースの改造車だ。なお、LB(リバティー)ワークスとは、ブランド名。

sn170927-01-13.jpg

リバティーウォークが手がけた「240Z」の昭和の街道レーサーテイストの改造車。カラーリングは、1973年の「240ZG」のレース仕様テストカーをイメージしたもの。実際のレース仕様テストカーは、特別な2870ccの「LY28」というエンジンを搭載していた。

sn170927-01-14.jpg

リアのデザインはかなり手を入れられている。ボンネットの裏側には、リバティーウォークCEOで、"シャコタンオヤジ"こと加藤渉氏の言葉が記されている。

sn170927-01-15.jpg

同じ「240ZG」でも、2ページ目で紹介したエンジンとはヘッドカバーなどが異なり、手がけた人物の個性が見えてくるのがチューニングカーの世界。

→ 次ページ:
「240ZG」のスペック