2017年06月28日 02:01 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 語り継ぎたい
国産車とその技術
1970~90年代


np170623-01-01.jpg

1973年に発売されたホンダ「シビックCVCC」。ホンダ独自の環境技術を搭載したCVCCエンジンにより、従来よりクリーンになったことはもちろん、燃費のいいクルマとして日本だけでなく米国でも大いに評価された。ホンダはCVCC技術を、他メーカーにも技術提携を結べるように公開し、トヨタなどが実際に提携した。

 5月24日から26日までパシフィコ横浜で開催された「人とくるまのテクノロジー展2017」。そこで特別展示された、1950年代から90年代までを彩った国産の名車やエポックメイキング的なクルマたちを、テクノロジーの視点から2回に分けて紹介している。後編は、70~90年代の国産車とそこで実用化されたさまざまな技術たちだ。

1973年:ホンダ「シビック CVCC」

 60年代に入ってクルマの台数が増加していくと、排気ガスによる大気汚染が問題となっていく。そして、70年に世界中の自動車メーカーに衝撃を与えたのが、米国発の排気ガス規制「マスキー法」だった。

 排ガス中のCO(一酸化炭素)とHC(炭化水素)については75年型車から70年型車の1/10とし、NOx(窒素酸化物)については76年型車から71年型車の1/10にするという内容だったのである。

 そんな厳しい条件をクリアすべく、苦難の末にホンダが開発したのがCVCCエンジンである。「Compound Vortex Controlled Combustion」の略で、日本語では「複合渦流調速燃焼方式」という。

 CVCCは燃焼室が主副ふたつある複合(複式)型なのが特徴で、副燃焼室の火炎を主燃焼室に渦流として噴出させることで燃焼を早める仕組みである。また、燃焼速度を制御する点も特徴となっていた。

 CVCCの特徴は従来エンジンのシリンダーヘッドから上の交換だけで済むことから生産設備を活かすことができ、さらに触媒などの排出ガス浄化装置を必要としないことが大きなメリットだった。

 そしてCVCCエンジンを搭載したシビックは73年に発売され、昭和50年排出ガス規制をクリアしたことから、低公害車優遇税制の適用を受けたのである。

 また米国ではマスキー法の試験に74年に合格し、さらに78年まで4年連続で燃費1位を獲得。また、当時の多くの排ガス規制対策車が無鉛ガソリンを必要とし、供給設備のないガソリンスタンドも多いことから問題となったが、CVCCは無鉛・有鉛問わなかったことから「燃料を選ばない低公害車」として米国に浸透していったのである。

【スペック】
全長×全幅×全高:3695×1505×1325mm
ホイールベース:2280mm
車両重量:745kg
エンジン:直列4気筒
排気量:1488cc
最高出力:46.3kW(63PS)/5500rpm
最大トルク:100N・m(10.2kg・m)/3000rpm

np170623-01-02.jpg

昭和50年排気ガス規制の施行前に販売されたクルマはそのまま販売できたため、シビックにはCVCCを搭載していない車種もラインナップされていた。

→ 次ページ:
次は、トヨタ「コロナ」と激しい死闘を繰り広げたあのクルマ!