2016年09月26日 07:22 掲載

ニュース・プラス 横浜の道路事情が大きく改善!
生麦JCTと第三京浜を結ぶ首都高「横浜北線」
全長約5.9kmの「横浜北トンネル」を公開


NP160923-01-01.jpg

首都高神奈川7号「横浜北線」で7割以上を占める主要構造物の「横浜北トンネル」が公開された。

 首都高速は9月15日に、2017年3月に開通予定の首都高速神奈川7号「横浜北線」において、全長の7割以上を占める全長約5.9kmの「横浜北トンネル」の現場公開を実施した。

 横浜北線は、これまで建設事業名を「横浜環状北線」としてきた路線で、首都高速神奈川1号・横羽線と同5号・大黒線が合流する生麦JCT(なまむぎジャンクション、横浜市鶴見区生麦)を始点とし、第三京浜港北ICに隣接して新設される「横浜港北JCT」(横浜市都筑区川向町)を終点とする総延長約8.2kmの自動車専用道路だ。

NP160923-01-17.jpg

横浜北線と営業中の首都高神奈川線、そしてNEXCO東日本管轄の第三京浜や東名道などをあしらった広域図。横浜環状北西線や同南線など、建設中の路線については最後に紹介。

 横浜北線は2000年7月に都市計画が決定され、2001年12月に工事に着手(都市計画事業承認)。全体の事業費は約3980億円だ。道路構造は往復4車線の第2種第1級で、設計速度は時速60kmとなっている。計画交通量は1日に4万~5万4000台だ。

 出入口は生麦JCT側から、JRや京浜急行をまたいですぐの、国道1号にアクセスする「岸谷生麦(きしやなまむぎ)」、横浜港北JCTに近い「新横浜」の2か所が開通当初に設置、時期は未定ながら横浜北トンネルの中間ぐらいになる「馬場」にも出入口ができる見通しだ。

 換気所は同じく生麦JCT側から岸谷生麦出入口に近い「子安台」、出入口と同じ「馬場」、同じく「新横浜」の3か所に建設済みだ。

NP160923-01-02.jpg

横浜北線の路線図。今回は、新横浜出入口から入って、新横浜換気所の先、カーブの手前位が公開現場となった。

→ 次ページ:
横浜北線の開通で横浜の道路事情が改善!