2016年06月14日 16:56 掲載

ニュース・プラス ル・マン24時間、初制覇なるか!?
トヨタ、新型ハイブリッドマシンと、
一貴、可夢偉で18日の決勝に挑む!


160614-03-01.jpg

トヨタのWEC用2016シーズンマシン「TS050 HYBRID」。

 今年もル・マン24時間レースの開催時期がやってきた。フランスのル・マン市にあるサルト・サーキットはレースウィークに突入しており、現地時間の6月18日土曜日15時に決勝スタートを迎える。

 現在ル・マンはFIA世界耐久選手権WECシリーズの一戦に組み込まれており、第84回となる2016シーズンはその第3戦として開催。日本からは、トヨタワークスである「TOYOTA GAZOO Racing」が同シリーズに参戦しており、中でもル・マン初制覇に向けて気勢を上げている。

新型マシンTS050 HYBRIDで挑む!

 同チームは、新型マシン「TS050 HYBRID」で2016シーズンのWEC・LMP1ハイブリッドクラスに参戦している。2.4リッターのV型6気筒直噴ツインターボガソリンエンジンと、8MJ(前年のTS040 HYBRIDから2MJアップ)のリチウムイオンバッテリー方式のハイブリッド・システムが特徴だ。

 ガソリンエンジンの出力が367kW/500PSで、前輪モーターと後輪モーターの出力が同じく367kW/500PSなので、合計出力は735kW/1000PSとなっている。

 今回、新型パワートレインとなったことで新たな冷却系が必要とされ、またターボエンジンによって大幅に向上したトルクを許容するトランスミッションも必要とされたことから、それらを含む新たなマシンが開発されたという具合だ。

 ボディーのカラーリングはTS040 HYBRIDの白と青の組み合わせから、F1でお馴染みとなった紅白のトヨタらしいイメージとなっている。

ドライバーラインナップは日本人2名を含む2台体制

 同チームはこのTS050 HYBRIDの5号車と6号車の2台体制でWECに挑んでおり、5号車のドライバーラインナップは、2014年のWEC王者コンビのアンソニー・デービッドソンとセバスチャン・ブエミに加え、2年前のル・マンでポールポジションを獲得した中嶋一貴(下の画像の左)。中嶋は日本人初の親子2代でF1フルタイムドライバーとなったことで知られている。

 もう1台の6号車は、ル・マンで3度のポールポジション獲得経験を持つステファン・サラザンに、マイク・コンウェイと、こちらもF1で活躍した小林可夢偉(下の画像の右)が組む。トヨタ系日本人ドライバーのツートップが参戦しているというわけだ。

160614-03-02.jpg

左が5号車に乗る一人、中嶋一貴。右は第1戦で2位に入った、6号車の一人、小林可夢偉。

→ 次ページ:
ル・マン前哨戦、WEC2016の第1戦・第2戦を振り返る!

2016シーズンの第1戦と第2戦をトヨタはどう戦ったか!