2016年06月20日 12:01 掲載

ニュース・プラス トヨタ、23時間55分までは制しながらも…
ル・マン24時間で、まさかのラスト


NP160620-01-02.jpg

5号車と6号車のランデブー走行。一時的に1-2体制もあった。

 現地時間6月18日15時に決勝をスタートした、第84回ル・マン24時間レース。日本からは、トヨタ自動車のワークスチームである「TOYOTA GAZOO Racing」(トヨタ)が、FIA世界耐久選手権WECシリーズに2台体制で参戦しており、第3戦として組み込まれているル・マン24時間に挑んだ(同チームの参戦体制などの詳細はこちら、予選の結果はこちら)。

 スタート前から雨が強く降っており、決勝はスタートして1時間近くをセーフティーカー先導での隊列走行となった。雨が上がり、路面が乾き始めて事実上のスタートが切られると、トヨタがル・マン必勝を狙って開発に開発を重ねた2016シーズンマシン「TS050 HYBRID」が圧倒的な強さを見せ始める。

燃費でライバルを寄せ付けなかったTS050 HYBRID

 TS050 HYBRIDは1周13km強のサルト・サーキットを14周できる燃費を見せ、同じく最上位クラスのLMP1H(ハイブリッド)に参戦するポルシェ・チームの「ポルシェ 919 HYBRID」が13周、アウディ・スポート・チーム・ヨーストの「アウディR18」に至っては12周と、ライバルを圧倒。

 たかだか1周の差と思われるかもしれないが、24時間で考えると、1回から2回はピットインの回数をライバルたちよりも少なくできるということ。ピットインでのタイムロスが1回1分から1分半であることを考えると、非常に有利である。走ってライバルに1分から1分半の差をつけるにはとても大変なことで、燃費の良さは耐久レースでは武器となる。

 しかも、トヨタは予選こそ雨に翻弄され、1・2番手をポルシェに持っていかれたものの、決勝でのペースはまったく遜色がないものであったことから、ライバル勢をさらに慌てさせることに。走ってトヨタに1分から1分半の差をつけるのが非常に困難で、あとはトラブルやもらい事故など、他力本願にすがるしかない状態となった。

 タイムがいい上に燃費が圧倒的にいいというTS050 HYBRID。30年余りに及ぶ挑戦の末にいよいよトヨタのル・マン初制覇か、という日本のモータースポーツファンが望む最高のラストが序盤の段階から見えてきたのだ。

 他車と接触したり、単独スピンでグラベルにはまりかけたりするなど、6号車の方に若干ひやりとさせる事態があったが、5号車の方は序盤に速度が上がらなかったこと以外はほぼ問題がない状態。ピットインのタイミングで1位をポルシェ2号車に譲ることはあるが、終盤は5号車、2号車、6号車のトップ3となる。トヨタ、悲願のル・マン初制覇まであと一歩と迫った。

NP160620-01-01.jpg

序盤の速度が上がらない以外は、ほぼノー・トラブルだった5号車。

→ 次ページ:
ついにトヨタがル・マンを制するか!?