2021年12月27日 15:40 掲載

クルマ 急速に進む軽自動車の先進安全機能。その現状に迫る!


タグ:

文・写真=会田 肇

【ブラインドスポットモニター(BSM)】

ダイハツ・タント用に後付けできるブラインドスポットモニター。インジケーターはAピラーに取り付けられ、車両が近づくとはオレンジ色に点灯して知らせる

ダイハツ・タント用に後付けできるブラインドスポットモニター。インジケーターはAピラーに取り付けられ、車両が近づくとはオレンジ色に点灯して知らせる

 近距離用ミリ波レーダーを使い、左右隣車線の斜め後方にいる車両を検知する機能で、車線移動の際には安全運転支援として役立つ。実はこの機能も小型車や普通車には多く搭載されてきたが、軽自動車にはこれまで採用されてこなかった。そんな中、ダイハツは昨年12月に現行タント向けに後付けできる純正キットを発売した。

ダイハツ・タントに用意されたブラインドスポットモニターのインジケーター部

ダイハツ・タントのブラインドスポットモニターのインジケーター部

 センサーはリアバンパーの左右サイド内に取り付けられ、そのインジケーターは左右のAピラーに設置される。隣車線で車両が近づいて来るとこのモニターがオレンジ色に光り、このタイミングでその方向へウインカーを出すと「ピピピ...!」と断続音で警告する。また、このBSMは、ギアをリバースに入れている時に左右後方から車両が近づいて来ると両側のインジケーターが点滅しながら「ピピピ...!」と音でも警告を発する。これは、頭から入れて駐車した場所からバックして出ようとするときに役立つ。

 さらに、停車中にエンジンがONのままでパーキングブレーキをかけた状態で、後続車が来ているのにドアを開けた場合でも、同様に警告音が鳴る。うっかりドアを空けた際の警告機能として、有効性は極めて高いといえるだろう。

ホンダが純正ナビゲーションと連携して隣接する車線で近づいて来る車両を知らせる「カメラdeあんしんプラス2」※現在は

ホンダが純正ナビゲーションと連携して隣接する車線で近づいて来る車両を知らせる「カメラdeあんしんプラス2」※現在は "3" へ進化している

 これとは別にホンダは、バックカメラをセンサーとして活用してBSMに近い機能を備えた「カメラdeあんしんプラス3」を後付けできる純正システムとして発売している。インジケータはカーナビの画面上で表示するが、警告表示が出ているときにウインカーを出すとアラームを鳴らすのもBSMと同じだ。

 ここまで軽自動車の先進安全機能について解説してきた。自動車全体の約4割が軽自動車が占めるようになった今、軽自動車は日本の自動車の立ち位置を左右する重要な役割を持つまでになった。その意味でも軽自動車において、この先進安全機能による事故抑制・防止は重要な意味を持つ。

 2022年は日産が初の "軽EV" を予定しており、本格的な軽自動車の電動化元年となりそうだ。それにともなって、新たな先進安全機能が搭載される可能性もある。そんな軽自動車の動向には、今後も目を離せそうにない。

ライターお勧めの関連記事はこちら