2022年03月27日 22:00 掲載

クルマ 「目標は表彰台に上がること」
角田裕毅2022年の抱負


文・大串信(モータースポーツライター)

新車両規定のF1マシンの第一印象は?

バーレーンテストで走行する角田裕毅

バーレーンテストで走行する角田裕毅 ⓒGetty Images / Red Bull Content Pool

 問題は、2年目のシーズンに角田が乗るのが昨年とは大きく特性が異なる新車両規定マシンであることだ。開幕前テストで新しいマシンに乗った角田が新車の印象を語った。

「去年のマシンは、(前を走っているマシンに近づいて)後ろを走っていると、本来のグリップがなくなって離されてしまいがちでしたが、今年のマシンは後ろにつきやすくて、オーバーテイクも容易になっています。また、タイヤが13インチから18インチになりますが、これまでは高速コーナーで後ろが滑り出すとコントロールしにくかったのですが、今年はコントロールしやすくなりました。トラクションも良くなっています。その結果、レースはエキサイティングで見応えのあるものになると思います」

ポーポイズ現象は視界に影響あり

 ただし新しい課題もある。たとえば開幕前テストで各チームが直面したポーポイズ=バウンシングの問題だ。これは新しい車両規則に基づく空力デザインに起因する現象である。

「自分たちのマシンにも起きています。速度が上がるにつれ上下動し始めるので視界に影響することもあり1コーナーのブレーキングなどに影響するかもしれません。これまで感じたことのない現象なので(走りに)集中しきれなくなります。なんとか解消したいです」

 2年目のF1を闘う角田は、こうした新しい課題をどのように解決するか、問われることになる。

「昨年まではすでに開発され尽くしたマシンに乗っていましたが、今年は新車から作っていかなければなりません。でもそれが楽しいです」

 ライバルとの格闘とともに角田がどのようにF1マシンを熟成していくのかもファンにとっては大きな見どころとなる。

今度(日本GP?)は好きなラーメンを食べたい

「今年は自分がやるべきこと、ターゲットが明らかに見えているので、もちろん表彰台に上がることが目標ですが、その前に1戦1戦を大事に闘い、ポイントをできるだけたくさん獲って、今年こそ日本グランプリに出て日本ファンの前でF1を走らせたいです。もちろん、チームメイトの(ピエール)ガスリーよりも良い成績を残すことも目標です。今度日本に帰ったら、このオフにカニは十分食べたので今度は好きなラーメンを食べたいですね」と角田は会見を締めくくった。

2022年シーズン用の角田裕毅のヘルメット

2022年シーズン用の角田裕毅のヘルメット ⓒGuido De Bortoli / Red Bull Content Pool


2022年シーズンF1の開幕は3月20日!

角田裕毅の開幕前テストの写真は
下記の「この記事の写真を見る」をクリック

角田裕毅に関する記事