2022年08月08日 09:30 掲載

ライフスタイル F1ドライバー角田裕毅のヘルメットデザイン募集中!8月14日まで

F1レースの日本グランプリが3年ぶりに鈴鹿で開催される。レッドブルはこの特別な瞬間を盛り上げるべく数々の特別企画を実施。栄えある第一弾に選ばれたのは「角田裕毅ヘルメットデザインコンテスト」だ。 日本を代表するF1レーサー、角田選手のヘルメットをデザインできるチャンス。応募は8月14日(日)まで。

文=竹川圭

2018年に鈴鹿で開催された日本グランプリの様子 写真=ホンダ

君が描いたデザインが鈴鹿を駆け抜ける!!

 3年ぶりにF1レースの日本グランプリが開催されるのを記念して、レッドブルは「♯待ってたぞ鈴鹿」と銘打った数々のイベントを行う。その第一弾として現在、「角田裕毅ヘルメットデザインコンテスト」が開催中だ。

 角田選手はスクーデリア・アルファタウリに所属する、小林可夢偉選手以来となる日本人18人目のF1ドライバー。今大会は、角田選手にとっての初のホームグランプリとなるだけに、レッドブルがこのイベントにかける意気込みは強い。

写真=Red Bull

審査には角田選手も参加

 デザイン画の作成には、キャンペーンサイトに用意されたテンプレートを使う。応募の締め切りは8月14日(日)。複数の応募も可能だ。審査は角田選手本人をはじめ、スクーデリア・アルファタウリ、レッドブル・ジャパンが行う。採用されるデザインは一点のみという狭き門だが、惜しくも選に漏れた応募者抽選30名にはスペシャルギフトも用意されている。

「どんなデザインに出合えるのか、いまからとても楽しみです。みなさんとつくりあげたヘルメットをかぶってレースをする日が待ちきれません」と期待を寄せる角田選手。自分で描いたデザインが角田選手とともに鈴鹿を駆け抜けるまたとないこのチャンス。是非応募してみてはいかがだろう。

写真=Red Bull

 なお、3年ぶりのF1日本グランプリは10月7日(金)〜9日(日)に三重県鈴鹿サーキットを舞台に開催される。レース当日は角田選手のヘルメットに注目だ!

・「♯待ってたぞ鈴鹿」キャンペーンサイト
https://www.redbull.com/jp-ja/projects/welcome-back-suzuka

・角田裕毅ヘルメットデザインコンテスト
https://www.redbull.com/jp-ja/projects/welcome-back-suzuka/yuki-helmet

ライターお勧めの関連記事はこちら