2022年03月22日 09:50 掲載

ライフスタイル 【体験記】ショベルカーを運転したい! 災害時にも役立つ小型重機の運転教育を受講してみた。

ショベルカーを運転したい! でも一体どうすれば? モータージャーナリストの会田 肇氏が教習所に通い、小型重機を運転・操作できる特別教育にチャレンジ。その体験レポートをお届けする。

タグ:

文=会田 肇 取材協力=コベルコ教習所

小型車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)における運転特別教育の実技講習風景小型車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転特別教育の実技講習風景

小型重機でも運転できる人は意外に少ない?

 住宅地などの工事現場でもよく見かける小型のショベル。"働くクルマ"としても身近な存在だが、この重機を操作するにはどんな資格がいるのだろうか。調べてみると機体質量が3t未満のミニショベルは、労働安全衛生法で定められた特別教育を修了する必要があることがわかった。今回はその教育を修了するまでの体験をレポートしたい。

 そもそも、小型重機に関心を抱いたきっかけは、2019年10月に発生した台風19号による長野県の千曲川堤防決壊だ。筆者も復興支援などでボランティアで参加する意思はあったが、還暦を過ぎて現場での作業はだんだん辛くなってきているのも事実。ならば大型重機はできなくても、小型重機を操作して後方支援に回るのが、現場での足手まといにならずに済む方法ではないか。そう考えるようになった。

 ただ、千曲川堤防決壊の時は全国から多くのミニショベルなどが集められたそうだが、驚いたことにその多くが使われず終わったという。その理由は、小型重機を操作・運転できる有資格者、教育修了者が少なかったことにあった。実は、重機のうち例えば3t未満のミニショベル(以下ミニショベル)を操作・運転するには、労働安全衛生法で定められた特別教育を修了する必要がある。この特別教育を修了したものでないと操作・運転はしてはいけないことになっているのだ。

 仮にこれを修了せずに操作・運転をした場合、事業者には「6か月以下の懲役または50万円以下の罰金」が、作業者には「50万円以下の罰金」がそれぞれ科せられる。意外に厳しい罰則が科せられるのだ。ボランティア活動を依頼する多くが自治体であることから、有資格者か、修了証の交付を受けた者でないと作業を依頼されない可能性も考えられる。「資格は取っておくべき」。そう思ったのはこの時だ。

 でも、小型重機の操縦なんて一度もしたことがない。現場も知らない人間がこの教育を受けることはできるのか。調べてみると、この教育を修了するための講習は「小型車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転特別教育」と呼ばれるもので、全国の重機系の資格取得を取り扱う教習所で誰でも受講できることがわかった。

さまざまな重機の資格取得のための講習が行われている「コベルコ教習所・市川教習センター」さまざまな重機の資格取得のための講習が行われている「コベルコ教習所・市川教習センター」

受講枠は満席。キャンセル待ちで受講枠をGET!

 そこで私が住んでいる千葉県内の教習所へ申し込み方法を問い合わせてみた。これが1月初旬の話。しかし、驚いたことに、数軒、連絡したどの教習所もスケジュールが立っている3月まですべて受講枠がいっぱいだという。唯一、キャンセル待ちを受け付けてくれたのが、今回お世話になった「コベルコ教習所・市川教習センター」だった。

 聞けば、市川教習センターでは月2回ほどこの講習がスケジュールに組まれているが、同じく3月まですべて埋まっているという。問い合わせた電話口では「年度の変わり目でもあり混雑してるのかもしれないが、最近は申し込み数が増えている」との話だった。

 とはいえ、キャンセル待ちができるとのことなので、ダメ元で2月中のキャンセル待ちを申し込んだ。そして、それから1週間ほどが経ち、「2月の1回目で空きが出た」との返事。さっそくここで受講申し込みをすることにした。

 申し込み書類のやり取りは、市川教習センターの場合、郵送でも対応できるがFAXかメールでも構わないとのことだったので、申し込み書をPDFにしてメールで申し込みを済ませた。ただ、写真は修了証に反映するため、所定サイズの写真を貼った申込書の原本を、初日に必ず持参するよう指示された。受講費用はテキスト代込みで1万7000円(税込)。これは当日支払いでも構わないが、私は事前に銀行振込で対応した。

同じ敷地内の「コベルコ建機日本」では、整備や一時預かりのための重機が数多く置かれていた同じ敷地内の「コベルコ建機日本」では、整備や一時預かりのための重機が数多く置かれていた

ライターお勧めの関連記事はこちら