2020年02月23日 16:30 掲載

ライフスタイル 2月27日開通の横浜北線・馬場出入口。首都高初の「らせん方式」でコンパクトながら4方向を実現

3年前に開通した首都高・神奈川7号横浜北線で、唯一工事中だったETC専用の「馬場出入口」が、2月27日(木)12時に開通することが発表された。それに先立って2月18日に報道公開が行われ、首都高の出入口で初めて採用されたという「らせん方式」の連絡路など、特徴的な構造が披露された。

神林 良輔

画像1。首都高・神奈川7号横浜北線のETC専用馬場出入口。2月27日(木)12時に開通。

画像1。首都高・神奈川7号横浜北線のETC専用馬場出入口。2月27日(木)12時に開通。

 首都高・神奈川7号横浜北線(K7北線)は、横浜港北JCT(※1)から生麦JCT(※2)までをつなぐ高速道路として、2017年3月18日に開通した。延長約8.2km、そのうちの約7割にあたる約5.9kmをトンネル区間とする、往復4車線(第2種第1級)の高速道路だ。出入口は内陸部側(横浜港北JCTの東側)に新横浜(4方向)が、港湾部側(生麦JCTの西側)に岸谷生麦(きしやなまむぎ・4方向)がある(画像2)。

※1 横浜港北JCT:E83第三京浜と接続し、3月22日(日)16時開通の首都高・神奈川7号横浜北西線とも接続する
※2 生麦(なまむぎ)JCT:神奈川1号横羽線(K1横羽線)および同5号大黒線(K5大黒線)と接続する

画像2。首都高・神奈川7号横浜北線の全体図。2月27日(木)に中間付近に位置する馬場出入口が開通する。

画像2。K7号横浜北線の全体図。横浜港北JCT側に新横浜出入口があり、生麦JCT側に岸谷生麦出入口がある。馬場出入口はその間に位置する。

 2018年4月に首都高から発表された開通1年後の整備効果によれば、K7北線(新横浜出入口~港岸谷生麦出入口間)の1日の利用台数は約2万台だという。また、新横浜駅から羽田空港間の所要時間は約8分短縮して約35分に、新横浜から横浜港の所要時間は約6分短縮して約18分になり、アクセス性の向上にも寄与している。

2月27日開通するETC専用・馬場出入口とは?

画像3。首都高・神奈川7号横浜北線の馬場出入口は上下線それぞれに出入口があるフルIC。

画像3。馬場出入口は上下線それぞれに出入口があるフルIC。

 今回開通する馬場出入口(画像3)はK7北線3つ目となる出入口で、同線の中間付近に位置する。太田神奈川線(県道111号)に接続しており、上下線それぞれの出入口が用意されたフルICで、ETC専用だ(出口に関しては現金車も利用可能)。

画像4。首都高・神奈川7号横浜北線の馬場出入口の法隆寺交差点側からの入口。

画像4。馬場出入口の法隆寺交差点側からの入口アクセス路。右へのカーブのしばらく先に、画像1の地点に出る。

 馬場出入口はK7北線の建設時点ですでに計画されていたことから、連絡路と本線との合流部はあらかじめ想定して建設されていた。それにより、開通済みのK7北線に与える影響を最小限に抑えつつ、馬場出入口は建設を進めることができたのである。

画像5。首都高・神奈川7号横浜北線の馬場出入口。左が料金所へ向かう法隆寺交差点側からの入口アクセス路で、右は下り線からの出口。

画像5。左が料金所へ向かう法隆寺交差点側からの入口アクセス路で、右は下り線からの出口。

内路交差点側からのアクセス路は2020年内に開通

画像6。首都高・神奈川7号横浜北線の馬場出入口の、内路交差点側からの入口アクセス路。こちらは2020年内開通の予定。

画像6。馬場出入口・内路交差点側からの入口アクセス路。こちらは現在工事中で、2020年内開通の予定。右側壁の向こうをJR横浜線が走る。

 なお入口に関しては、太田神奈川線の北西方向の法隆寺交差点側からと(画像4・7)、南東の内路(うつろ)交差点側(画像6)の2方向からアクセスできる予定だ。ただし内路交差点側からのアクセス路は、JR横浜線に近接していることから特に慎重に工事が進められており、開通は2020年内というスケジュールだ。それまでは、法隆寺交差点側からのアクセスのみとなる。

画像7。首都高・神奈川7号横浜北線の馬場出入口に接する太田神奈川線(県道111号)。法隆寺交差点側を見て。

画像7。馬場出入口に接する太田神奈川線。法隆寺交差点側を見て。

料金所は3レーンあるうちの右側のみを当面は使用し、中央は非常用

画像8。首都高・神奈川7号横浜北線の馬場出入口の入口料金所。ETC専用。

画像8。入口料金所は3レーンあり、内路側の入口アクセス路が開通するまでは左のふたつは閉鎖される。ただし中央は非常用となっている。

 馬場出入口の料金所は3レーン用意されている(画像8)。ただし、内路交差点側からの入口アクセス路が完成していないため、当面は右側レーンのみが使用されることになる。中央は、誤って進入した現金車と、ETCカードをセットし忘れたクルマのための非常用だ。

 誤って進入した現金車も、ETCカードをセットし忘れた場合も、非常用レーンに進んでインターホン(画像9)で係員と話をし、身分証明をして後日払いとすることで通してもらえる。開通直後はETC専用と知らずに現金車の誤進入が多くなることも考えられることから、少なくとも内路側の入口アクセス路が開通するまでは中央レーンを非常用とするという。

画像9。首都高・神奈川7号横浜北線の馬場出入口の入口ゲートに設置されているインターホン。

画像9。各ゲートにはインターホンが設置されており、誤進入時の対応パンフレットなども用意される予定。

→ 次ページ:
馬場出入口の建設ではどんな技術が?

高速道路新規開通の関連記事