2019年11月29日 15:55 掲載

ライフスタイル eスポーツは想像以上にガチだった!
グランツーリスモSPORT in 茨城国体


文・大音安弘

グランツーリスモの生みの親であり、ポリフォニー・デジタルの代表取締役の山内一典さんも国体の応援に駆けつけた。

グランツーリスモの生みの親であり、ポリフォニー・デジタルの代表取締役の山内一典さんも国体の応援に駆けつけた。

バーチャルが与えるリアルへの恩恵

 レース後、何人かのドライバーに、グランツーリスモSPORTは本当にリアルなのか、日常運転の関連性を尋ねてみた。

「周囲の状況を常に把握するというレースの経験が、日常運転でも周囲の安全確認に役立っていますね」。そう語るのは、一般の部にエントリーし優勝した高橋拓也選手だ。また愛車でサーキット走行を楽しむという、ある選手は「実際の経験をゲームに活かしたり、ゲームの経験を実車で試したりするなど、自身のドライビングスキルの向上に相互に役立っています」とも話してくれた。

 少年の部に参加した高校生たちには、練習量を聞いてみたところ、日常的には1回2時間を週に3回程度と意外と少ない結果に。集中を維持してプレイできるのは2時間が限度とも教えてくれた。

 それだけ真剣に楽しんでいるからこそ、国体の舞台に上がれるほどの実力を得たのだろう。またグランツーリスモを始めるきっかけは、クルマ好きの父親の影響が大きいと答える少年も多く、ゲームがクルマ趣味のひとつになっていることも感じられた。

 会場を訪れていたグランツーリスモの生みの親である山内一典さんは、「タイヤ1セット分の値段でレースが楽しめるのがグランツーリスモの魅力。今回、国体初参加ということもあり、レギュレーションの設定にはだいぶ悩みました。今後さらに面白いレース展開が繰り広げられるよう改善していきたいですね」と語り、プロゲーマーだけでなく幅広く気軽に参加できるeスポーツとして、グランツーリスモの魅力も訴求していきたいと話してくれた。

 ゲームがどんなに進化しようとも、eスポーツはスポーツとして成立するのかが常に問われることだろう。しかし、試合前の選手のストイックな様や、ゲーム運びの心理戦はスポーツというにふさわしいものがある。競技を振り返ればなるほど、グランツーリスモからリアルレースへのステップアップが用意されていることにも納得の、超白熱バトルであった。

実写と見紛う美しい映像に加え、白熱のバトルで大いに盛り上がった国体初のeスポーツ選手権。

実写と見紛う美しい映像に加え、白熱のバトルで大いに盛り上がった国体初のeスポーツ選手権。