クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2017.01.13 公開日:2017.01.13

【TAS17速報】「走る歓び」のさらなる深化は、車とモータースポーツから

東京オートサロン2017(幕張メッセ)がいよいよ開幕。メーカーの報道発表などを中心に、初日の模様をお届けする。


マツダの記者発表会では、青山裕大執行役員によるスピーチによってその概要が発表された。

この発表でのポイントは3つ。
1.東京オートサロン2017のブースのポイント
2.2017年のモータースポーツ計画概要
3.Global MX-5 (日本名:ロードスター)カップについて

DSC_0011.jpg

3つのポイントをスピーチする青山執行役員

1つ目の「東京オートサロン2017のブースのポイント」については、まず今年のマツダブースのテーマ「Be a driver.~マツダの新しいチャレンジが始まる」。このテーマに則って「走る歓び」が強く感じられるブースを展開。新型SUV「CX-5」(昨年12月発表)、「ロードスターRF」(昨年12月発売)が前面に出る展示となっている。

2つ目の「2017年のモータースポーツ計画概要」については、3種類のナンバー付きレースを継続して協賛すること、その上のよりハイレベルなMX-5 カップなどの設定、また2015年にスタートした「Women in Motorsportsプロジェクト」の継続支援などが発表された。

3つ目の「Global MX-5 カップについて」については、アメリカで先行して開催され、人気を博しているレースシリーズ「Global MX-5カップ」を「Global MX-5カップJAPAN」として開催するというもの。同カップは、北米仕様の2.0Lエンジン、左ハンドルのMX-5(日本名:ロードスター)をベースにアメリカで製作された世界共通車両(カップカー)を使用、全5戦の開催(国際サーキットでの)となる。世界統一車両、統一ルールのもと行われるところが醍醐味。

DSC_0023.jpg

昨年12月発表された、クロスオーバーSUVの「CX-5」

ブース内のガレージコーナーでは、鮮やかな赤のNDロードスターが展示。この塗装色は、初代NA型、2代目NB型で採用されていた「クラッシックレッド」。このロードスターのシンボル的なカラーを、独自の水性塗装技術で忠実に復刻している。
このガレージには、もう1台のロードスター、アメリカ輸出向け、2L左ハンドルのMX-5をベースにしたGlobal MX-5カップ仕様の車両も展示している。

DSC_0038.jpg

クラシックレッド塗装のロードスター

DSC_0039.jpg

昨年12月発売の「ロードスターRF」

2017年1月13日(JAFメディアワークス IT Media部 上條 謙二)

関連記事

⇒「東京オートサロン2017特集」

⇒「東京オートサロン2017コンパニオン」

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)