クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

ライフスタイル最終更新日:2017.05.11 公開日:2017.05.11

私の人生、これでいいのでしょうか。

45歳の女です。名前はサエと申します。
結婚して20年になります。
夫は、結婚してすぐに大病を患い、
その後も、ずっと、病弱な体質が続き、通院と薬を手放せません。
また、大病を患ってから、仕事のやる気も失せ、
世間に対しても懐疑的なことばかり言うようになりました。
テレビを見たり新聞を読んでは、
世の中の誰かに対して文句ばかり言っております。

子どもは高校生の娘がひとりおりますが、
そういう陰気な家にはいたくないようで、
ほとんど家には帰ってきません。

私は、この年になって、ふと、
「私の人生、これでよかったのだろうか」
などと思うようになり、そのことが頭から離れなくなりました。

外食したり、おしゃれしたり、そういう楽しい生活とは、
かけ離れた毎日がずっと続いています。

長い間、陰気な夫と生活していると、
結婚生活とはこういうものだと思いこんでいたのかもしれません。

離婚することもふくめて、
もう一度、人生をやり直せないだろうか、と、
私は、このところ、悶々としています。

なにかアドバイスがありましたら、よろしくお願いします。


バンジョー

ただ風に吹かれて生きていたい。

桜のように、派手に咲き、派手に散るもよし。
ひょうたんのように、ふらふらと風に揺れるもよし。

アジサイのように、醜く枯れるもよし。

季節ごとに、花は咲き、実を結び、枯れていく。

むずかしいことを考えず、
ただ、風に吹かれて、生きていたい。

他の人のアドバイスも聞きたい

恵子

由佳理

由佳理

離婚して、どうするの?

離婚するのもいいけど、
離婚して、どうするの?

サエさん、いま、旦那さん以外に誰かとつきあってるの?
って、そんなわけ、ないかぁ。

まずは、恋じゃないですかね。

離婚する前に、まずは、すてきな恋を探すべきだと思うなぁ。
すてきな恋に出会うと、
おしゃれしたり、おいしいもの食べにいったり、
したくなるから。

娘さんのことも、
「陰気な家にはいたくないようで、ほとんど家には帰ってきません」
なんて、呑気に言ってる場合じゃないと思うよ。

娘さんともっと仲良くしたほうがいいって。
おしゃれとか恋とか、
高校生は多感な時期なんだから、
いっしょに遊ぶつもりで、仲良くしたら?
娘さんと買い物行ったり、食事に行けばいいんじゃない?
娘さんも喜ぶと思うし、
サヨさん自身の気持ちも明るくなるんじゃないかなぁ。

他の人のアドバイスも聞きたい

バンジョー

恵子

恵子

いいんじゃない?

「私の人生、これでいいんでしょうか?」

いいんじゃない?
としか、私には思えないんだけどね。

っていうかさぁ、
そりゃ、私だって、ときどき、
「私の人生、これでいいのかなぁ」
なんて思うわよ。

もっと豊かで輝きに満ちた人生っていうのも、
どこかにあるんじゃないかって思う。そりゃね。

でも、それは妄想であって、現実ではないのよ。

白馬に乗った王子さまは、現れない。
サエさんのいまの毎日の生活が、あなたの人生そのものなのよ。

どこかべつなところに輝かしい人生があると思うなら、
まずは、それを探さないとだめだと思う。
大切なのは、「輝かしい毎日」を探すってことよ。
サエさんは、まるで、
病弱の夫のせいで毎日の生活が暗くなってると思ってるみたいだけど、
それが大きな誤解だと思うなぁ。

あなたの人生を暗く陰鬱なものにしているのは、
あなた自身じゃない?

そのことを改めて考えてみるべきだと思う。

他の人のアドバイスも聞きたい

バンジョー

由佳理

ライター・松尾の右往左往

今回は、恵子と由佳理、ふたりの女のひとの意見を聞いてみました。
ふたりとも、
「輝き」とか「恋」とか、まずはそこを探すべし、
みたいな回答だった思います。

そうなんですよ。

病気がちな旦那さんと生活して、あれこれ心労はあるでしょうけど、
楽しく生活したいなら、
まずは自分の気持ちを変えるっていうのが大切なのだと思います。

自分の気持ちが変わらないと、
周囲はぜったいに変わらないです。

「旦那のせいで毎日の生活が暗い」
なんて思ってる時点で、
なんだかサエさん、暗いひとですよ。

で。
バンジョーにも相談したら、
数日後に、こんなハガキが届きました。
きっと酔っ払って書いたんだと思います。
ちっとも回答になってないところがムカつきますが、
「むずかしいことを考えない」ってあたりは、
参考になるかもしれませんね。

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月2日まで)
応募はこちら!(6月2日まで)