クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2017.01.12 公開日:2017.01.12

【TAS17特集・前夜】マツダの新しい挑戦「Be a driver」

np-tas17-mazda-01.jpg

マツダを代表するスポーツカー「ロードスター」の電動オープン機能を搭載した「ロードスターRF」。その「カスタムスタイル2017」などが展示される。

 明日開幕の東京オートサロン2017(幕張メッセ)。現時点で判明している各社の出展状況をレポートする。


 マツダは「Be a driver. ~マツダの新しいチャレンジが始まる~」を掲げて出展。

 展示車両は、クルマとバイクのカラーデザインを競う「オートカラーアウォード」でグランプリを獲得したマシーングレープレミアムメタリックの「ロードスターRF」を筆頭に、SUV/クロスオーバーの「CX-5」や「CX-3」、コンパクトカー「デミオ」などの「カスタムスタイル2017」。

np-tas17-mazda-02.jpg

CX-3の特別仕様車「Noble Brown」をベースにしており、ローダウンサスとエアロパーツでカスタマイズ。よりダイナミックでスポーティに仕上げられている

 また、日本及び北米で開催される、「グローバルMX-5」カップ参戦用レース車両も展示される。MX-5とは日本国内ではロードスターのことだ。

 同レース参戦用車両は、ロードスターの北米向けの左ハンドル、2Lエンジン車をベースとしたワンメイクレース仕様となっている。

 マツダのブースは、西ホール1だ。

np-tas17-mazda-03.jpg

「グローバルMX-5」カップ参戦用レース車両。オープンカーならではのむき出しのロールケージが特徴的。

2017年1月12日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

関連記事

⇒「東京オートサロン2017特集」

⇒「東京オートサロン2017コンパニオン」

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月2日まで)
応募はこちら!(6月2日まで)