クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

道路・交通最終更新日:2024.04.25 公開日:2024.04.25

GW渋滞、九州道のピークは5月3日に最大30km! 東九州道と長崎道も混雑か【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】

2024年のゴールデンウィーク(GW)渋滞はいつどこで発生する? この記事では、九州自動車道・東九州自動車道・長崎自動車道において、最大10km以上の渋滞発生が見込まれる区間についてまとめた。

文=KURU KURA編集部

資料=NEXCO西日本

高速道路での渋滞イメージ。(c) mapo - stock.adobe.com

記事の画像ギャラリーを見る

九州道のGW渋滞、下りは5月3日、上りは5月5日に集中!

NEXCO西日本 九州支社は、GW期間(4月27日~5月6日)における渋滞予測情報を発表した。これによると同社管内の渋滞発生回数は、上下線合わせて5km以上が41回(昨年は44回)、10km以上が19回発生(昨年は22回)すると予測されている。昨年と比較すると、わずかに渋滞発生回数が少なくなる見込みのようだ。

GW期間中、同社管内で最も渋滞規模が大きくなるのと考えられているのは九州道だ。下りでは5月3日(金)の午前中、筑紫野IC付近を先頭に最大30kmの渋滞が発生する見込みだ。上りでは5月5日(日)の夕方ころ、広川IC付近を先頭に最大25kmの渋滞が発生する予測が出ている。

なお、関門道、西九州道、大分道については10km以上の渋滞は発生しない予測だ。

NEXCO西日本 九州支社管内の、令和6年(2024年)予測と令和5年(2023年)実績とのGW渋滞回数比較

NEXCO西日本 九州支社管内の日別渋滞回数(5km以上)

GWの九州、10km以上の渋滞はどこで発生する?

以下の渋滞予測は、日付別に渋滞の先頭地点、渋滞発生の時間帯、ピーク時の渋滞長、通過所要時間の順に記載する。

九州自動車道(下り)

【4月27日(土)】
・筑紫野IC付近
8:00~11:00ころ
最大10km(約30分)

【4月28日(日)】
・鳥栖JCT付近
8:00~12:00ころ
最大25km(約1時間15分)

・神田トンネル付近
9:00~12:00ころ
最大10km(約30分)

【5月3日(金)】
・筑紫野IC付近
6:00~13:00ころ
最大30km(約1時間30分)※下り最大規模

・広川IC付近
9:00~14:00ころ
最大10km(約30分)

【5月4日(土)】
・基山PA付近
7:00~13:00ころ
最大20km(約1時間)

【5月5日(日)】
・鳥栖JCT付近
9:00~12:00ころ
最大10km(約30分)

九州自動車道(上り)

【4月29日(月)】
・基山PA付近
15:00~20:00ころ
最大10km(約30分)

・広川IC付近
15:00~20:00ころ
最大10km(約30分)

【5月3日(金)】
・古賀SA付近
9:00~13:00ころ
最大15km(約45分)

【5月4日(土)】
・広川IC付近
17:00~21:00ころ
最大15km(約45分)

・古賀SA付近
17:00~21:00ころ
最大10km(約30分)

【5月5日(日)】
・広川IC付近
15:00~24:00ころ
最大25km(約1時間15分)※上り最大規模

・基山PA付近
15:00~23:00ころ
最大10km(約30分)

・古賀SA付近
17:00~24:00ころ
最大20km(約1時間)

福岡県筑紫野市にある九州最古の寺「武蔵寺」は、別名”藤寺”と呼ばれるほど藤の花が有名。藤は4月中旬~5月上旬が見ごろ。(c) Clover - stock.adobe.com

東九州自動車道(下り)

【5月3日(金)】
・築城IC付近
8:00~15:00ころ
最大15km(約45分)

東九州自動車道(上り)

【5月4日(土)】
・築城IC付近
17:00~20:00ころ
最大10km(約30分)

長崎自動車道(下り)

【4月29日(月)】
・武雄JCT付近
8:00~14:00ころ
最大10km(約30分)

【5月4日(土)】
・武雄JCT付近
10:00~14:00ころ
最大10km(約30分)

※長崎自動車道(上り)はGW期間中、10km以上の渋滞予測なし

NEXCO西日本のウェブサイトでは、GW期間中の渋滞に関する情報を多数掲載している。出発前は最新の交通情報を確認すると良いだろう。

NEXCO西日本「渋滞予測ガイド」
https://search.w-nexco.co.jp/forecast/

アイハイウェイ(道路交通情報)
https://ihighway.jp/pcsite/

渋滞の回避方法について。基本的には出発時間を調整することが、渋滞ピークを回避するための有効手段となる。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月2日まで)
応募はこちら!(6月2日まで)