クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2024.01.25 公開日:2024.01.25

上質感はピカイチ! アウディの新型SUV型ピュアEV「Q8 e-tron(イートロン)」に試乗。

BMWやメルセデス・ベンツの大型電動SUVが注目を集める中で、アウディは新型「Q8 e-tron(イートロン)」を投入。アウディならではの魅力はどこにある? 小川フミオが試乗した。

文=小川フミオ

写真=アウディジャパン

ラインナップを拡大する「e-tron」ファミリー

日本にはスポーティな仕立てのS lineが導入される

記事の画像ギャラリーを見る

プレミアムサイズのSUV型ピュアEVが、増えています。アウディジャパンが日本導入した「Q8 e-tron(イートロン)」はその代表格。「SUV」と「スポーツバック」の2車型が、23年3月に同時に発表され、ついに昨秋、日本の路上を走り出しました。私が乗ったのは、「Q8スポーツバックe-tron」というスタイリッシュなモデル。

Q8 e-tronの成り立ちは、2019年に同社初の量産型ピュアEVとして登場した「e-tron」がはじまり。アウディがピュアEVに用いる名称をそのまま車名にしたモデルでした。ですが、ここにきて「e-tron GT」「Q4 e-tron」それに「Q6 e-tron」と、e-tronのラインナップ拡充を受け、今回の車名変更になりました。

同時に、アウディでは、走行性能を改良。駆動用バッテリーの効率を上げることで、出力と一充電走行距離を向上させました。日本での競合として、BMM iXやメルセデス・ベンツEQSなど、電動の大型SUVが存在しています。

先に触れたとおり、19年登場のe-tronにさらなる商品力強化が必要、とアウディが考えても不思議はありません。結論的にいうと、私が乗った「Q8スポーツバック55 e-tron quattro S line」は、しっかりとキャッチアップしていて、アウディならではの魅力をそなえていました。

EVの長所が際立つ走り

スポーツバックはクーペ的なスタイルが特徴

車名にある「55」は性能の目安。今回の改良で、バッテリーは従来の19kWh増しとなり、走行距離は78km延伸の501km(WLTC)に。

ちなみに、より積載量重視の「SUV」にのみ設定されている「50」だと24kWh増しで、走行距離は89km増しの424kmに伸びています。

Q8スポーツバック55 e-tron quattro S line(以下・Q8 e-tron)は、全長が5メートルに届きそうだし、車重だって2.6トン。ですが、その質量をほぼ意識させない、むしろ軽やかともいいたい走りを味わわせてくれます。

大きなトルクのモーターは、4つの車輪を駆動してスムーズな発進と、そのあとの気持ちよい加速を実現。やたらパワー感を強調するでなく、あくまで、運転する私の感覚に寄り添うような加速感がいい感じです。

ハンドルを切ったときの車体の動きもとても自然。加速とのバランスもよく調整されていて、カーブを曲がっていくのも、スイスイと駆け抜けます。バッテリーを床下に搭載しているため重心高が低くできるのがEVの長所といわれています。まさにそこをうまく活かして、心地よい走行感覚が実現されています。

快適で上質な室内空間

人工皮革が用意されたスポーツシート

上質な作りの室内

走行中は遮音性が高く、オーディオのいい音を楽しむのもまた一興。エンジンや燃料タンクをもたないので床をフラットに出来るため、後席も広々としています。長い距離の旅行にもよさそうです。

室内は作りがよくて、アウディが1990年代に品質をうんと上げて、世界中のクルマづくりのスタンダードを引き上げたことを思い起こしました。上質感はどこにも負けていません。

充電に関しては、アウディジャパンはいま、「プレミアム・チャージング・アライアンス」なる急速充電網を、ポルシェジャパンとフォルクスワーゲンジャパンとともに展開中。アウディは全国110店舗のe-tronディーラーに最大150kWの「アウディウルトラチャージャー」設置を進めています。これを使うと、バッテリー残量10%から80%まで充電するのに最短で30分少々で済むそうです。

Q8になってe-tronはマーケットでの高い商品力を取り戻したと思います。対話型ボイスコントロールなど”いまひとつ”感の装備があるのも事実ですが、スポーツバックはスタイリッシュ、SUVは機能的と、それぞれ魅力も高く、いちど試す価値があるモデルです。

SPECIFICATIONS
アウディ Q8 スポーツバック 55 イートロン クアトロ Sライン|
Audi Q8 Sportback 55 e-tron quattro S line
全長×全幅×全高:4915×1935×1620mm
ホイールベース:2930mm
車重:2600kg
電気モーター2基 :全輪駆動
最高出力:300kW
最大トルク:664Nm
駆動用バッテリー:リチウムイオン114kWh
一充電走行距離:501km(WLTC)
価格:1317万円

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)