クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2023.12.25 公開日:2023.12.25

レクサスのコンパクトSUV「UX」がマイナーチェンジ! 新型は何が変わった?

レクサスは12月19日、小型SUVの「UX」をマイナーチェンジし、新型 「UX300h」と「UX300e」を発表した。見た目はそのままでも、中身は大きく進化! いったい何が変わった?

文=原アキラ

写真=トヨタ

UX300h“F SPORT”専用のスピンドルグリル。写真=トヨタ

記事の画像ギャラリーを見る

UX300hは“安心とゆとり”が開発テーマ

LEXUS(レクサス)は、新型「UX300h」と「UX300e」の国内仕様を12月19日に発表した。UX300hは2024年1月上旬、UX300eは1月下旬頃の発売を予定している。

レクサスUXは2018年の発売以来、2023年10月末の時点で80以上の国と地域で累計約34万台を販売し、電動化率90%を達成するなどレクサスの電動車普及を索引してきたモデル。今回、そのUXをHEVとBEVのみのパワートレーン設定とすることで、更なる電動化が加速されたことになる。

UX300hは、従来のHEVモデルであるUX250hのシステム出力を向上したことで車名を変更した。パワートレーンは、112kW(152PS)を発生する2.0Lエンジンに、前83kW(113PS)、後30kW(41PS)を発生する高出力モーターを組み合わせることで、システム最高出力146kW(199PS)を達成(前モデルは135kW)。より電動車らしいダイレクト感と伸びのある加速感を得たほか、リッター26.3km(WLTCモード)の低燃費を実現した。

UX300h“version L”テレーンカーキマイカメタリック<オプション装着車>

UX300h“version L”ソニックイリジウム<オプション装着車>

UX300h“version L”コックピット

UX300eは従来型に比べ、充電時間を25%短縮!

UX300eのパワートレーンは、最高出力150kW(203PS)、最大トルク300Nmのモーターと72.8kWhの駆動用バッテリーの組み合わせで、2023年3月に実現した走りの深化や512kmの航続距離には変更なし。一方で、駆動用電池のクーラーとヒーターを搭載することで電池寿命が延びるとともに、急速充電時間が25%短縮できたことで、より使い勝手の良いBEVへと進化した。

走りの味については、両モデルに共通してラジエーターサポートブレースの追加やロアバックパネル下側にガゼットを追加するなどしてドライブフィールを高めるとともに、操縦安定性や上質な乗り心地が向上し、さらにボディ制振材・遮音材を適正配置してロードノイズを低減し、静粛性がアップしている。これを実現するため「Toyota Technical Center Shimoyama」で徹底的な走り込みが行われたという。

また先進装備面では、進化した「Lexus Safety System+」を搭載したほか、12.3インチに大型化した液晶メータを採用するなど洗練されたコックピットへと進化。HEVモデルでは操作性の向上と上質さを実現したエレクトロシフトマチックを導入している。

UX300hは2024年1月上旬ごろに発売を予定しており、価格は455万9000円〜565万7000円。またUX300eは24年1月下旬ごろの発売で、価格は650万円〜705万円となっている。

UX300e

UX300e“version L”内装色はヘーゼル

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)