クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

ライフスタイル最終更新日:2023.12.15 公開日:2023.12.15

「8分20秒」ってどういう意味? レクサスが次世代コンセプト「LF-ZC」に着想を得た現代アートをマイアミで発表!

レクサスは12月初旬に開催された世界最大級のアートイベント、「マイアミ アート&デザインウィーク」で発表したインスタレーション「8分20秒」を、12月17日までマイアミ現代美術館(ICA Miami)に展示する。

文=KURU KURA編集部

光と音で表現される、幻想的なインスタレーション

幻想的な夜の「8分20秒」

記事の画像ギャラリーを見る

12月6日~10日に開催された「マイアミ アート&デザインウィーク」に合わせて、オランダ出身のソーラーデザイナー、マーヤン・ファン・オーベル氏によるLEXUSのインスタレーション「8分20秒」が、12月17日までマイアミ現代美術館に展示中だ。タイトルの「8分20秒」は、太陽の光が地球に到達するまでの時間を意味する。

同展示は、透明で豊かな色彩を持つ第3世代の太陽電池・有機薄膜太陽電池(OPV)シートを用いて、次世代バッテリーEVコンセプト「LF-ZC」(Lexus Future Zero-emission Catalyst)を、等身大のグラフィックパターンのデザインに変換。

車両のEVプラットフォームを表現する土台には4つのモーション・センサーを搭載し、人の動作に光が反応して水のように波打ち、不規則に流れるメロディーと共に動くことで、クルマのドライビングダイナミクスを感覚的に表現した。OPVシートは一日の時間の流れに沿って、日の出のような暖かな色合いから涼しげなトーンへと変化を見せる。また、OPVシートから太陽光発電によるエネルギーを取り入れ、土台に内蔵されたバッテリーにエネルギーを蓄積して、作品のディスプレイや機能を作動させる。

次世代バッテリーEVコンセプト「LF-ZC」

アートとデザインにおける持続可能性の提唱者として世界的に知られるファン・オーベル氏の作品は、ソーラー技術とデザイン・ソリューションの架け橋となっている。家具や照明デザイン、公共施設でのインスタレーションといったこれまでの作品は、ニューヨーク現代美術館(MoMA)、ヴィトラ・デザイン・ミュージアム、ステデライク美術館、ヴィクトリア&アルバート博物館などにも展示されている。

「コンセプトモデル「LF-ZC」を作品として表現することができ、とても嬉しく思っています。LEXUSのイノベーション、クラフトマンシップ、新素材の使用に対する理念は、私のデザイン活動と共鳴するものです。このインスタレーションは、人々が光と色に触れ、より持続可能で前向きな未来を想像させるものです。このパートナーシップを通じて、エネルギーの生成を美しく表現することができました」と、マーヤン・ファン・オーベル氏は語っている。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)