クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2023.11.27

ポルシェ、新型「パナメーラ」を発表! 7年ぶりのフルモデルチェンジで3代目に進化。

ポルシェの新型「パナメーラ」が7年ぶりにフルモデルチェンジを果たし、11月24日、上海でワールドプレミアを飾った。第3世代へと進化した4ドアラグジュアリースポーツはどう進化を遂げたのか?

文=原アキラ

写真=ポルシェジャパン

この記事をシェア

パナメーラ、7年ぶりのフルモデルチェンジ

ポルシェ・パナメーラ ターボ Eハイブリッド|Porsche Panamera Turbo E-Hybrid

記事の画像ギャラリーを見る

ポルシェジャパンは11月24日、スポーツラグジュアリーセダンである「パナメーラ」の第3世代となる新型モデルを発表した。

新型パナメーラのボディは、全長5,052mm、全幅1,937mm、全高1,423mmで、シリーズの特徴であるプロポーションについては基本的に初代からのキープコンセプト。とはいえ、フロントのナンバープレート上部には駆動システムに必要なエアを補うためのエアインテークが追加されたほか、サイドのウインドーラインを一新し、リアウインドーの外縁をボディの輪郭と面一にするなど、随所にアップデートが施されている。

インテリアでは、今年4月に発表された新型SVU「カイエン」にも導入された「ポルシェドライバーエクスペリエンス」のコックピットコンセプトを採用し、デジタルとアナログの操作要素を理想的なバランスで構成。ドライビングに不可欠な入出力の要素をドライバーの軸線上に配置し、ギアセレクターレバーはステアリングホイールの左側にしたことで、その調整や操作のために道路から目を離す必要がなくなるとした。オプションでは10.9インチパッセンジャーディスプレイが用意され、パッセンジャーも車両走行データやインフォテインメントシステムを見ることができるようになった。

PHEV版もラインナップ

ポルシェ・パナメーラ ターボ Eハイブリッド|Porsche Panamera Turbo E-Hybrid

新型パナメーラに搭載されるパワートレインは2.9LのV6ターボエンジンで、ブースト圧、燃料噴射量、点火時期の変更により最高出力260kW(353PS)、最大トルク500Nmを発生。先代比で17kW(23PS)/50Nmアップしたことで0-100km/h加速は5.1秒、最高速度は272km/hに向上し、全輪駆動のパナメーラ4ではそれぞれ4.8秒、270km/hを発揮する。

またパフォーマンスフラッグシップのPHEV版「パナメーラターボEハイブリッド」は、4.0LのV8ターボエンジンと新開発電気モーター(140kW)の組み合わせで、システム出力500kW(680PS)、システムトルク930Nmを発生。

設計を見直した8速PDKを介して0-100km/h加速は3.2秒、最高速度は315km/hに達している。容量25.9kWhのバッテリーによってWLPT複合サイクルは91km、市街地サイクルでは83〜93kmの電気走行が可能になり、11kWの車載AC充電器を搭載している。

生産はライプツィヒ工場で行われ、価格はパナメーラが1,424万円、パナメーラ4が1,479万円(いずれも税込)。パナメーラターボEハイブリッドの予約注文開始日と価格は決まり次第お知らせする、としている。

ポルシェ・パナメーラ|Porsche Panamera

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)