クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2023.11.20 公開日:2023.11.21

100万円以下で買える! 沖縄生産の2人乗り超小型オープンカー「AIM EV マクロ01」はシーサーがモチーフ?【ジャパンモビリティショー2023】

AIM(エイム)社は、ジャパンモビリティショー2023で2台のEVを出展した。沖縄の風景に似合うシーサー顔の2人乗りの小型モビリティと、1960年代を意識したスタイリッシュな本格スポーツEV、この個性的な両モデルはどのような開発経緯があるのだろうか?

文・写真=岩井リョースケ(KURU KURA)

写真左からAIM EV MICRO 01と、沖縄のシーサー。(c) paylessimages - stock.adobe.com

記事の画像ギャラリーを見る

エイム社とSNDP社の関係

名古屋に拠点を構えるエンジニアリングサービス会社のエイムは、ジャパンモビリティショー2023で2人乗りの小型オープンカー「EV MICRO 01」と、EVスポーツカー「EV SPORT 01」の2台を出展した。

エイムはオリジナルエンジンによるル・マン24時間レースに参戦し、最高峰の重量対出力比率を誇るEV駆動用モーターの開発など、持続可能な未来を見据えた事業展開を広げている企業だ。

同社が発表しているモデルは上記の2モデルだが、既存のモデルとは一線を画すこのデザインを手がけたのが、元・日産自動車でチーフデザイナーとして活躍した中村史郎氏が立ち上げた「SNデザインプラットフォーム(SNDP)」社である。この両社が協力したことで、非常に個性的な2台の国産EVが誕生した。

エイムが考え、両モデルのそれぞれのキャッチコピー“今、必要とされているEV”と“今、私たちが乗りたいEV”とはどのようなものか、見てみよう。

リゾート地がよく似合う! 「EV MICRO 01」

沖縄では燃料代が高く、交通機関も充実していないことから、エイムは“今、必要とされているEV”としてリゾート地域の日常使いに便利なEV MICRO 01を開発した。この2人乗りEVは、全長2490mm、全幅1290mmという軽自動車よりも小さい「超小型モビリティ」規格のクルマだ。最高速度は時速60kmで、ボディはオープンタイプとクローズドタイプを選択可能で、天候や気分に合わせて沖縄をゆっくり走れるクルマに仕上がっている。

ボディのフロント部には、沖縄を象徴するシーサーがモチーフとして採用され、そのコンパクトさと相まって非常に愛嬌のある表情となっている。カラーは独特の存在感を放つ通常のメタリックオレンジ以外にも、明るめのグリーンやシルバー×グレー系といった複数のバリエーション展開も予定している。

また、地域住民が乗る以外にも、航続距離120kmという仕様に対して、バッテリーが固定式と交換式を選択できるよう計画しており、レンタカーやシェアカーとしての運用も視野に入れている。

販売価格はEVとしては破格の100万円以下(バッテリーを除く)を目指しており、製造は驚くことに、沖縄の工場で2025年から開始される予定で、地元での雇用創出にも貢献する計画となっている。

■AIM EV MICRO 01 諸元
サイズ:全長2490×全幅1290×全高1550mm
ホイールベース:1780mm
車両重量:600kg
乗車定員:2名
一充電走行距離:120km
駆動バッテリー:固定式・交換式から選択可となる予定
ボディ:オープンタイプ・クローズタイプから選択(パーツ脱着で切り替え可)
製造:2025年より沖縄県内で製造予定
価格:100万円以下を予定

AIM EV MICRO 01オープンカータイプ

サイドウインドウやルーフは脱着式

リアの形状もフロントと非常に近い。

車内のインテリアは白が多用されている。

SNDPとは、中村氏率いるSNデザインプラットフォーム社のこと

1960年代を意識した本格スポーツ「EV Sport 01」

EVスタートアップ企業のエイムは、2010年のル・マン24時間レースで、自社で開発したエンジン車で総合4位に入賞。そして、ル・マンで培った技術で、エレクトリックモーター「APM120」、「APM200」を開発。そのAPM200を搭載し、同社が第一弾として手掛けたクルマがEV Sport 01だ。

EV Sport 01は全長4m、全幅1.9mに収まるコンパクトなボディだが、最高時速300kmや、時速0~100kmまでの加速が3.1秒と、そこはさすがのスポーツEV。ボディパネルとモノコックシャシーはカーボンファイバーを使用、また、フレームのほとんどがアルミニウム製となり、軽量化にも貢献している。

しかし、エイムの代表取締役社長の鈴木幸典氏としては、加速の数値にこだわるよりも、走る楽しさを味わってもらえるよう、昔ながらの後輪駆動で曲がる感覚を楽しんだり、1960年代をオマージュしたデザインを中村氏に手掛けてもらっている。

EV Sport 01の販売について、現在エイムは限定生産の可能性を検討しているという。

■EV Sport 01 諸元
サイズ:全長3945×全幅1893×全高1220mm
ホイールベース:2475mm
車両重量:1425kg
乗車定員:2名
パワーユニット:APM200
駆動方式:デュアルモーターリアホイールドライブ
最高速度:時速300km
時速0-100km加速:3.1秒
最高出力:360kW(490PS)
最大トルク:740Nm
最高回転数:1万rpm
一充電走行距離:320km

1960年代をオマージュし、エッジを少なくして曲線を多用したというデザイン。

グリルはフード一体型で、フードの左右にあるライトはLEDデイタイムランニングランプ

ドアは「バタフライ」タイプで跳ね上がる仕様

テールランプもフロントと同様のサークル型

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)