クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

ミニカーを箱から出そう! トミーテックのジオラマ&ディスプレイ台が斬新!

9月30日~10月1日に東京ビッグサイトで開催された「第61回 全日本模型ホビーショー」。今回は、トミカリミテッド ヴィンテージというミニカーシリーズを展開するトミーテック社のブースで見つけた面白いアイテムを紹介する。

文・写真=岩井リョースケ(KURU KURA)

この記事をシェア

あぶない刑事、西部警察、大都会、太陽にほえろ! などに登場するマニアックなモデルを展開しているのも、トミカリミテッドヴィンテージの魅力のひとつ。

記事の画像ギャラリーを見る

トミカとトミカリミテッド ヴィンテージの違いって何?

第61回 全日本模型ホビーショーで見つけた、クルマやバイクのプラモデル、模型、ラジコン等の新製品を紹介する。今回は、若者からハイエイジまで夢中になれる、大人向けミニカーを見ていこう。

ところで「トミカ」と「トミカリミテッド ヴィンテージ」は別会社が作っているのをご存じだろうか? タカラトミー社のトミカは、子ども向けのミニカーとして、安全性や耐久性に配慮した素材や仕様で製造されている。通称「赤箱」と呼ばれるパッケージのサイズ(約78×39×27mm)を基準に、各モデルの大きさが決められているため、クルマのスケールは統一されていない。また、トミカには「トミカプレミアム」や「トミカプレミアムRS」という大人向けのシリーズも存在している。

一方、タカラトミーの子会社であるトミーテック社は、大人のコレクターを対象としたディスプレイ用のミニカー「トミカリミテッド ヴィンテージ」シリーズを2004年から展開。1/64スケールながら、金属製のボディとシャーシ、ゴム製のタイヤ、実車に近似したメッキ表現、ハンドル・シート・ダッシュボードといった細部や質感を高いレベルで再現している。

トミカプレミアムも大人向けとなっているが、トミカリミテッド ヴィンテージはスケールもすべて1/64サイズに統一され、製作も全く別チームが手掛けている。

同シリーズでは、昔懐かしの名車座シリーズや、人気ドラマのあぶない刑事、西部警察、太陽にほえろ! などに登場した超マニアックなクルマ以外に加え、人や動物、道路、建物といった情景小物も展開しており、これらを組み合わせることでジオラマとして楽しむこともできる。

そんなトミーテックから、ジオラマ兼ディスプレイにも使える斬新なアイテムが展示されていた。

トミカリミテッドヴィンテージはシリーズ開始から20周年を迎えた。

高速道路を疾走するパトカー軍団! 先頭は西部警察PART-Ⅱ 第15話『ニューフェイス‼ 西部機動軍団』に登場したスーパーZ(2013年発売)

今回のイベントには日産セフィーロ(88年式)、日産セフィーロ(90年式)、日産シルビア(S14)、日産GT-R2024年モデルなどが初公開となった。発売日や価格は未定とのこと。

たまには箱から出して、飾りましょう!

1/64スケールのミニカーは全長7cm前後で、商品パッケージごと保管してもスペースを取らず、コレクションのしやすさも大きな魅力だ。しかし、購入後はひととおり愛でたら、また箱に入れて保管したままにしてしまう人も多いのではないだろうか?

そこでトミーテックでは、もっとミニカーを箱から出して愛でてもらう機会を増やすべく、ミニカーを並べつつ、ジオラマとしても楽しめる「トミカラマヴィンテージ」シリーズを展開している。このシリーズでは、ガレージや駐車場、ガソリンスタンド、中古車店などにミニカーを同時に何台も飾り、あれこれとシチュエーションを妄想して楽しめることで人気を博している。

そして今回のイベントで大きく展示されていたアイテムが「高速道路」だ。高速道路はストレートとカーブの2タイプが用意され、道路を前後につなげて拡張したり、上下に組み合わせて立体的な情景を作り出すことも可能だ。ストレート・カーブタイプはともに2024年2月に発売予定で、価格は税込み2万5300円となる。高速道路の立体的なジャンクションなどを再現しようとすると、コストも展示スペースの確保も大変そうではあるが、精巧なクルマとジオラマが並ぶ姿につい気分が高揚してしまう。これはミニカー好きにはたまらない遊びだ。

高速道路(カーブA)は全長約520mmのビッグサイズで、橋桁と曲線道路、看板、街灯、矢印看板(ラベル)等が付属し、高速カーブの躍動感あふれるシーンを楽しめる。ちなみに道路上にいる救急車はドラマ「大都会Ⅲ」で石原裕次郎が演じる医師・宗方先生でおなじみの「渋谷病院の救急車」だ。マ、マニアック……。

高速道路(ストレートA)は全長約400mmで、橋桁と直線道路、看板、街灯に加えて、避難帯、非常電話ボックスも付属する。

ありったけのミニカーと、高速道路を組み合わせれば、こんな世界観も演出できる!

自分の大好きな世界をSNSで拡散せよ!

ミニカーやトイを使った「映え」写真がSNS上でにわかに盛り上がっている。それらには、人それぞれの大好きな世界観が映し出され、第三者にも写真に込められた工夫や楽しさが伝わるものだ。

人生でクルマを何台も同時に持つことは難しいが、ミニカーならそれが叶う。あなたも箱の中で眠っているミニカーを引っ張り出して、ミニチュアの世界で理想のワンシーンを再現してみてはいかがだろうか。

さまざまなジオコレ(ジオラマコレクション)シリーズからミニカーや小物を集めて飾れば、自分だけのストーリーを展開できる。あれこれ並べ替えたらあっという間に時間が過ぎそうだ。

ジオコレシリーズ「カースナップ16b 警察2」は2023年12月発売で価格は税込み7040円。マツダ RX-7 パトロールカー 埼玉県警察(トミカリミテッド ヴィンテージNEO)に、汎用性の高い警察官フィギュアと小物のセットが付属。カルガモ親子を誘導するために、ロードバイクに乗った配達員を待たせているシーンだろうか。

ジオコレ「カースナップ23a 路上ライブ」は価格・発売日ともに未定。このセットだけでもドラマが生まれそう。

ジオコレ「カースナップ21a カフェテラス」は10月発売で価格は税込み8030円。ミニカーはホンダ NSX(ターコイズM)(トミカリミテッド ヴィンテージNEO)。この歩道幅には他のジオコレとつなげることも可能だ。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)