クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2023.04.03 公開日:2023.04.03

九州初! サイクリングに特化した「サイクルバス」ってどんなバス?

西日本鉄道株式会社は、自転車を分解せずに車内へ持ち込める貸切バス「CYCLE CARGO」を4月1日より運行開始した。サイクリングに特化した車両は、九州で初めての導入となる。

文=くるくら編集部

記事の画像ギャラリーを見る

サイクリングに特化した車両は九州初!

貸切バス「CYCLE CARGO」 写真=にしてつグループ

貸切バス「CYCLE CARGO」 写真=にしてつグループ

 西日本鉄道株式会社は、自転車を分解せずに車内へそのまま持ち込める貸切バス「CYCLE CARGO」を4月1日より運行開始した。

 近年自転車は、コロナ禍で密を避ける移動手段や運動不足解消などのスポーツのひとつとして人気を集めてきた。地球環境にも優しく気軽なアウトドアレクリエーションとしても注目されており、自治体では、サイクルツーリズムを推進。同社でもサイクルトレインを導入するなど、自転車を観光促進に活用する動きが活発化している。

 サイクリング需要が高まっている中、2023年度には、九州各県でサイクルロードレース「ツール・ド・九州」をはじめとしたサイクルイベントが多数開催される予定だ。今回、九州各県で実施されるサイクリングレースの選手輸送などをはじめ、サイクリングツアーや、イベントなどで幅広く活用できる交通手段を提供するため、既存の貸切バスを改造したサイクルバス「CYCLE CARGO」を導入することとなった。サイクリングに特化した車両は、九州で初めての導入となる。

車内は一体どうなっている?

「CYCLE CARGO」車内のイメージ 写真=にしてつグループ

「CYCLE CARGO」車内のイメージ 写真=にしてつグループ

「CYCLE CARGO」の車内は、まず前方を自転車積載部分として、自転車を分解せずに最大18台まで持ち込むことが可能。そして後方は座席部分となり、21名乗車できる仕様となっている。

 座席は、通常座席からサロン席に変えることもできるのだが、サロン席にできるサイクルバスは西日本鉄道の車両だけとのこと。もちろんトランクルームも備えているため、自転車以外の大きな荷物も収納可能だ。

自転車を分解せずに車内へそのまま持ち込める 写真=にしてつグループ

自転車を分解せずに車内へそのまま持ち込める 写真=にしてつグループ

サロン席にできるサイクルバスは西日本鉄道の車両だけ 写真=にしてつグループ

サロン席にできるサイクルバスは西日本鉄道の車両だけ 写真=にしてつグループ

 同社は、サイクルバスの導入を通し、機運が高まるサイクルツーリズムを通じた旅行需要の創出に貢献するとともに、地域活性化に寄与していくという。

【サイクルバス「CYCLE CARGO」の概要】
開始日:2023年4月1日(土)~
車両:いすゞ製貸切バス(定員55名)、2017年式
車両仕様:[車内前方]自転車積載台数18台、[車内後方]乗客座席数21名 ※自転車は分解せずに持ち込み可能
問合せ:西鉄観光バス https://www.nishitetsu.jp/bus/cyclecargo/

車両仕様 画像=にしてつグループ

車両仕様 画像=にしてつグループ

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)