クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2021.12.13

ホンダ30年ぶりのF1タイトル。フェルスタッペンがF1チャンピオンに。角田は自己最高の4位を獲得。

2021年12月12日に行われたF1最終戦のアブダビGPで、レッドブル・レーシング・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝し、自身初のF1ドライバーズチャンピオンを獲得した。ホンダにとっては、1991年のアイルトン・セナのドライバーズチャンピオン以来となるF1タイトルだ。そして、日本人F1ドライバーの角田裕毅は自己最高となる4位でデビューシーズンを締めくくった。

この記事をシェア

記事の画像ギャラリーを見る

最終戦のラストラップで逆転

チャンピオン獲得に喚起するフェルスタッペンとスタッフ

チャンピオン獲得に喚起するフェルスタッペンとスタッフ ⓒGetty Images / Red Bull Content Pool

 2021年1212日に行われたF1最終戦のアブダビGPで、レッドブル・レーシング・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝し、自身初のF1ドライバーズチャンピオンを獲得した。ラストラップで、チャンピオンを争っていたメルセデス・ベンツのルイス・ハミルトンを逆転するというレースだった。

 エンジンをレッドブル・レーシングに供給するホンダにとっては、1991年のアイルトン・セナのドライバーズチャンピオン以来となるF1タイトルだった。じつに30年ぶりの栄冠となる。

終盤のセーフティカーでハミルトンの戦略は水泡に

スタートでトップに出たメルセデスのハミルトン

スタートでトップに出たメルセデスのハミルトン ⓒGetty Images / Red Bull Content Pool

 メルセデスのハミルトンとレッドブルのフェルスタッペンが同点で最終戦を迎えることになったF1のドライバーズチャンピオン争いは、緊迫した雰囲気に包まれて始まった。予選はフェルスタッペンがポールポジションを獲得するも、レースはスタートからハミルトンが主導権を握り、トップを走り続けた。終盤になるとハミルトンは、フェルスタッペンに対して10秒以上のリードを築き、優勝とチャンピオンを手中に収めつつあった。

 しかしレースは残りが5周となった53周目に、ウィリアムズのニコラス・ラティフィがクラッシュ。そのマシンがコース上に残ったことが原因で、セーフティカーがハミルトンの前に入る。セーフティカーが入るとトップのみピットインできないルールとなっており、そこで2位のフェルスタッペンはソフトタイヤに履き替えるためにピットイン。

 コースからマシン撤去の作業が終わり、周回遅れとなっている下位がハミルトンを追い越すという隊列の組み直しが行われるとセーフティカーがピットに戻った。セーフティカーが戻ったのは57周目で、レースは残り1周でチャンピオンを争うことに。このときフェルスタッペンはハミルトンの真後ろにいた。ピットインを1回にしてタイヤ交換も1度きりというレース戦略だったハミルトンのタイヤは消耗しており、新品タイヤを履くフェルスタッペンに対して、トップを守る術がなく逆転を許すことになった。

ラストラップで逆転したフェルスタッペン

ラストラップで逆転したフェルスタッペン 写真=ホンダ

メルセデスがセーフティカーに関して抗議

レース後のハミルトン(左)とフェルスタッペン(右)

レース後のハミルトン(左)とフェルスタッペン(右) ⓒGetty Images / Red Bull Content Pool

 しかしレース終了後に、ハミルトンが所属するメルセデス・ベンツが、レーススチュワートに対してセーフティカーの導入からピットに戻るまでの手順に関して「2つの違反があった」という抗議を提出した。

 1つ目の違反は、周回遅れがトップを追い越す手順。通常はセーフティカーがピットに戻る前まで周回遅れはトップを追い越せるが、最終戦では最初は追い越しを禁止したが、途中からコース上でハミルトンとフェルスタッペンの間にいる5台のみ追い越しを許した。さらに通常は最後の周回遅れがトップを追い越した周回の次の周にセーフティカーはピットインするが、今回は5台目が追い越した周にピットインした。このような手順で進んだために、レース再開がラスト1周というタイミングなってしまった(通常の手順なら、セーフティカーが導入されたままゴールでハミルトンはトップのまま)。

 2つ目はセーフティカーが導入されている間にフェルスタッペンがハミルトンを追い抜いたというもの。レギュレーションでは、セーフティカーがピットに戻った後も最初のゴールラインを超えるまでは追い抜き禁止となっており、フェルスタッペンがこれに違反をしたと抗議している。

 しかしレーススチュワートは、レース終了から数時間後にメルセデス・ベンツの抗議を2つとも棄却し、フェルスタッペンの優勝とチャンピオンが正式決定した。

 セーフティカーの手順に関しては、導入とピットインのタイミングに関してレースディレクターにその裁量があり、その他のレギュレーションと照らし合わせても問題なしとした。またフェルスタッペンの追い抜きは、一度は追い抜いたがゴールラインを通過前に順位を後ろへ戻したので違反なしと裁定した。だがメルセデス・ベンツは、この棄却に対して上訴を提出しており、まだまだくすぶる可能性を残している。

シーズン終盤で成長し自己最高位を残した角田

シーズン終盤戦の予選では、連続してQ3に進出するなど速さを見せていた角田裕毅

シーズン終盤戦の予選では、連続してQ3に進出するなど速さを見せていた角田裕毅 ⓒGetty Images / Red Bull Content Pool

 2021年シーズンにF1へのデビューを果たした角田裕毅が最終戦アブダビGPで、自己最高となる4位を記録した。予選で8番手のタイムを記録した角田は、決勝レースでも上位をキープした。序盤からハミルトンの僚友であるメルセデス・ベンツのバルテリ・ボッタスと順位を争い続けた。終盤は6位を走行していたが、57周目にセーフティカーが導入されるとピットイン。前を走るレッドブルのセルジオ・ペレスがリタイアして5位に上がると、前を走るボッタスを攻略して、自己最高となる4位でゴール。デビューイヤーの最後のレースを最高のかたちで締めくくった。

 開幕戦こそ好走を見せたものの、シーズン中盤は停滞していた角田だったが、ようやく最終戦で最高の結果が残せた。来シーズンもアルファタウリからF1への参戦が継続されるので、2012年の日本GP(鈴鹿)の小林可夢偉の3位以来となる、日本人のF1表彰台を期待したい。

最終戦アブダビGPでの角田裕毅

最終戦アブダビGPでの角田裕毅 ⓒGetty Images / Red Bull Content Pool


劇的な最終戦の写真をみるなら
下の「この記事の写真を見る」をクリック

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)