クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2021.09.08

ラリージャパン2021が開催断念。新型コロナで2年連続、復活はまたもお預け

2021年11月11日~14日に予定されていたラリージャパン2021の中止が、9月7日、実行委員会から発表された。理由は、この先の国内における新型コロナウイルスの感染状況が予断を許さない状況であるため。今年は中止になったが、来年2022年の開催については、実行委員会が申請作業中という。

この記事をシェア

記事の画像ギャラリーを見る

ラリージャパンが2年連続の中止に

2019年のテストイベント、セントラルラリー愛知・岐阜2019年でのトヨタ ヤリスWRC

2019年のテストイベント、セントラルラリー愛知・岐阜2019年でのトヨタ ヤリスWRC 写真=トヨタ

 2021年1111日(木)から14日(日)に開催が予定されていた世界ラリー選手権(以下WRC)の第12戦ラリージャパン2021の開催中止が、ラリージャパン2021実行委員会から発表された。同委員会は中止の理由として「公道を使用し地域の皆様とともに一丸となって開催されるWRCの競技特性を考慮するとともに、この先の国内における感染状況は今もなお予断を許さないことから、不本意ながら中止の決定を下すに至りました」と述べている。また中止の発表と同時に、2022年の開催申請も行っており、引き続きの支援を実行委員会は求めている。

2019年からお預けとなっているラリージャパン

セントラルラリー愛知・岐阜2019で優勝した勝田貴元は、2021年からWRCフル参戦を開始

セントラルラリー愛知・岐阜2019で優勝した勝田貴元は、2021年からWRCフル参戦を開始 写真=トヨタ

 そもそもラリージャパンのWRCスケジュールへの復活は、2019年の予定だった。しかし2019年は他ラリーとのスケジュール調整が難航し、実現に至らなかった。その代わりにセントラルラリー愛知・岐阜2019というテストイベントが開催され、日本でWRCのイベントが開催できるという実績を積み上げた。

 そしてスケジュール調整も整った2020年、愛知県豊田市の豊田スタジアムを拠点に、愛知県、岐阜県にまたがってラリージャパンを開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大により20208月に中止を発表。同時に2021年の開催へ向けて準備を続けてきた。しかし、新型コロナウイルス感染の状況により2021年も中止。残念ながら、2年連続中止となった。

2021年WRC第7戦エストニアの表彰式。この光景が日本で見たい

2021年WRC7戦エストニアの表彰式。この光景が日本で見たい 写真=トヨタ

11年前のラリージャパン

2005年のラリージャパン。ゼッケン31のスバルは新井敏弘

2005年のラリージャパン。ゼッケン31のスバルは新井敏弘 写真=小林祐史

 日本でWRCイベントが初めて開催されたのは、2004年の北海道の帯広でのラリージャパンだった。2007年まで同地で行われたラリージャパンは、2008年からは舞台を札幌に移し、計6回行われている。このころはスバルやスズキ、三菱が参戦し、プジョーやシトロエン、シュコダ、フォードとチャンピオンを争っている時代だった。2009年のラリージャパンは開催されなかったが、2010年に復活するもののリーマンショックなどの経済の後退により、これが北海道での最後のラリージャパンとなった。

 2010年の札幌から11年の時が流れているが、来年こそは愛知・岐阜県でWRCが見られることに期待したい。

2005年ラリージャパンでのスズキ スイフト。 写真=小林祐史

2005年ラリージャパンでのスズキ スイフト。 写真=小林祐史


2005年のラリージャパンの写真を見るなら下の
この記事の写真を見る」をクリック

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

次回は3月5日からスタートです!
次回は3月5日からスタートです!