クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

ライフスタイル最終更新日:2018.04.19 公開日:2018.04.19

【神戸】2018/4/7~7/1 映画宣伝に焦点をあてた「ジブリの大博覧会」。東京で約50万人を動員した展覧会が関西初上陸!

00_giburi_00.jpg

ネコバス © Studio Ghibli

 ナウシカからマーニーまで! スタジオジブリの作品がどんな風に劇場で公開されていったのか。映画宣伝に焦点をあてた展覧会「ジブリの大博覧会」が、7月1日まで兵庫県立美術館で開催中だ。東京で約50万人を動員した展覧会が、関西ではじめて公開される。

世界中で愛されるジブリ作品の裏側を紹介!

 1985年に創立されたスタジオジブリは「となりのトトロ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」など、数々の名作を生み出してきた。多くの作品が見る人に感動を与え、世代や国を超えて愛されている。

 この展覧会は、こうした作品がどのようにして生み出され、世に送り出されたのか。スタジオジブリが映画の宣伝で試行錯誤した”汗と涙の30年”に触れることができる貴重な機会。「こんなことがあったんだ」と、映画の裏側や制作者の熱い思いを知ることで、ジブリ作品やキャラクターを身近に感じられること請け合いだ。
 人気のキャラに会えたり、巨大な模型があったり、楽しい展示空間を写真とともにご紹介!

まずは、トトロがお出迎え

00_giburi_06.jpg

スタジオジブリへようこそ © Studio Ghibli

 会場に入るとまず、愛すべきトトロが迎えてくれる。これ、実はスタジオジブリにある打ち合わせスペースを再現した「トトロバー」なのだ。まるでスタジオジブリの一員になったような粋な演出に一気にテンションが上昇することだろう。

歴代作品のポスターや資料=ジブリのお宝がざくざく

00_giburi_01.jpg

「風の谷のナウシカ」 © 1984 Studio Ghibli・H

 出発点となった「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、スタジオジブリがこれまで世に送り出してきた映画のポスター、宣伝のために作られたグッズなどが所狭しと並ぶ展示コーナー。ポニョの宣伝用フィギュアなど見たことないお宝に、ファンならずともついつい見入ってしまう。

00_giburi_04.jpg

ポスタールーム © Studio Ghibli

 これまで一般に公開されることがなかった貴重な資料や原画などもあり、スタジオジブリ30年の歩みが凝縮されている。

00_giburi_02.jpg

ジブリの倉庫 © Studio Ghibli

→ 次ページ:
宣伝から見えるジブリの裏側

ジブリと宣伝~ジブリの裏側~

00_giburi_03.jpg

プロデューサーの部屋 © Studio Ghibli

 上の写真は、ジブリの宣伝を担当している鈴木敏夫プロデューサーの部屋を再現したもの。「もののけ姫」を例にとり、映画の企画から宣伝まで、プロデューサーの仕事が紹介されている。宮崎駿監督が書いた企画書や原画が並び映画制作の裏側を垣間見ることができる。

良い作品を作るだけでは駄目

 「最初の頃は、映画公開日ギリギリまで制作作業をしていて、宣伝に割く時間がなかった」と鈴木プロデューサーは言う。しかし「魔女の宅急便」の制作中に動員数が減っていると言われ、「良い作品を作るだけでは駄目。大勢のお客さんに見てもらわないといけない」と宣伝の大切さに開眼。本気で宣伝に取り組んだ結果、「魔女の宅急便」は「となりのトトロ」の3倍以上となる264万人を動員した。これは当時のジブリにとって、最大の動員数であった。

 タイトル、キャッチコピー、ポスターの3点が映画の宣伝の基本と鈴木プロデューサーは考える。しかし、作品が完成する前から方針を考える必要があるため、映画の結末を想像して宣伝を展開するなど苦労もあるそうだ。
 また世界最先端といわれるアニメのモノづくりの現場が意外にアナログだったり、ジブリ作品の独特のぬくもりの世界が、人の手によって生み出されたことが感じられるかもしれない。

空を飛ぶ夢を乗せた飛行船

00_giburi_05.jpg

飛行船 © Studio Ghibli

 「紅の豚」や「風立ちぬ」などジブリ作品に登場する空飛ぶ機械たちを展示したコーナー。「天空の城ラピュタ」の飛行船も模型で再現されている。ジブリの”空への憧れ”へのこだわりを体感できる空間だ。

→ 次ページ:
招待券プレゼントのお知らせ

招待券.jpg

ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~

【会期】
2018年4月7日(土)~7月1日(日)
【開館時間】
10:00~18:00 金曜日と土曜日(6月1日、2日、8日、9日は除く)は20:00まで ※入場は各閉館30分前まで
【休館日】
月曜日 ※祝日の場合は開館し、翌日休館
【会場】
兵庫県立美術館 ギャラリー棟(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1)
【入館料】
一般1600円 他 ※詳細は展覧会HPでご確認ください
【アクセス】
阪神岩屋駅(兵庫県立美術館前)から南に徒歩8分 他
【展覧会HP】
http://www.ytv.co.jp/ghibli-expo/

「ジブリの大博覧会」のご招待券プレゼント応募は終了しました。
賞品は抽選の上、2018年5月14日に発送しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

2018年4月19日(JAFメディアワークス IT Media部 荒井 剛)

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)