クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2018.01.24 公開日:2018.01.24

【東京オートサロン18】WECから走り出た新型スーパーカーが登場! トヨタ&TRD&モデリスタ

 1月12日から14日まで幕張メッセで開催された、カスタムカー・チューニングカーの祭典・東京オートサロン2018。まずは自動車メーカーが出展したコンセプトカーやカスタマイズカー、チューニングカーを紹介しよう。最初はトヨタ系ということで、トヨタとTOYOTA GAZOO Racing、TRD、モデリスタをピックアップだ。

WEC参戦マシンを公道用にしたスーパースポーツ

np180118-01-01.jpg

「GRスーパースポーツコンセプト」。WEC世界耐久選手権の参戦車両で鍛えられたハイブリッド・パワーユニットを搭載。そのほかの諸元としては、タイヤサイズが前後共「330/710R18」でブリヂストン製、ホイールサイズは前後共「18×13J」であることが公表されている。

 トヨタは出展テーマを「マイスターズ ワークショップ」とし、同社が挑戦しているモータースポーツと、そこからフィードバックされて誕生したクルマを紹介。その中でも目玉は、ル・マン24時間レースを含むWEC世界耐久選手権の参戦車両に搭載しているハイブリッド(HV)技術をそのまま活用した「GRスーパースポーツコンセプト」だ。

 参戦車両の「TS050 HYBRID(17年仕様)」とほぼ同じ主要パーツで構成されており、V6・2.4Lツインターボチャージャー+HVシステム「トヨタハイブリッドシステム・レーシング」を組み合わせたパワーユニットを搭載。希薄燃焼と、高効率のHVシステムの組み合わせによる合計出力は735kW(1000PS)に及ぶ。

np180118-01-03.jpg

ベースとなったWEC参戦HVレーシングカー「TS050 HYBRID(17年仕様)」。「GRスーパースポーツコンセプト」が、外見も同車に似せているのがわかる。「GRスーパースポーツコンセプト」は、公道を走れるレーシングカーを目指しているというわけだ。

np180118-01-02.jpg

「GRスーパースポーツ(テストカー)」のプラットフォーム。

→ 次ページ:
続いては発売前の「クラウン コンセプト」!

「クラウン コンセプト」のカスタマイズカーが早くも!

 続いては、東京モーターショー2017で初出展となった「クラウン コンセプト」。トヨタ系列のカスタマイズを行うモデリスタおよび、スポーツチューニングとレース部門のTRD(トヨタ・レーシング・デベロップメント)によるコンセプトカーが出展。さらには、ニュルブルクリンクサーキットを走って鍛えているという迷彩パターンが施された1台と、出展された。

np180118-01-08.jpg

15代目になるといわれている「クラウン コンセプト」。

np180118-01-05.jpg

クルマの細部のデザインをわからなくする、近年の開発中の車両でお馴染みの迷彩デザインが施された「クラウン コンセプト」。「グリーン・ヘル(緑の地獄)」の異名を持つ、世界で最も過酷なサーキットのニュルブルクリンクサーキットを走って鍛えている。

np180118-01-06.jpg

全身にマットブラックフルラッピングが施された「クラウン コンセプト TRD」。フロント、リアバンパー、トランクの3か所のスポイラー、サイドスカートなどのパーツの他、タイヤとホイールは20インチに交換され、エンブレムもスモークメッキ塗装が施されている。さらに、エンジンカバーにはカーボン調フィルムが貼られ、マフラーは大口径のものとなっている。

np180118-01-07.jpg

「クラウン コンセプト モデリスタ」。「漆黒メッキ加熱」が施されたフロントウィングスポイラー、サイドスカート、リアスタイリングキット、フェンダーガーニッシュ、フォグベゼルガーニッシュ、ミラーガーニッシュが装着されている。そのほか、タイヤは20インチに交換され、ホイールはスーパーブライトクロム×ポリッシュのアルミ製が装着されている。

→ 次ページ:
次はレクサスのフラッグシップ・ラグジュアリークーペ!

レクサス「LC500」三変化

 17年3月から販売が始まった、レクサスのフラッグシップ・ラグジュアリークーペ「LC500」。1300~1400万円台という、スーパーカーといっていい高級スポーツカーだ。スポーツカーとしての一面も持つことから、トヨタのモータースポーツ活動の一翼を担っている。

 今回は、TRDが手がけたカスタマイズカー、2018年のニュルブルクリンク24時間レースに参戦する新型レース車両、そしてスーパーGTのGT500クラスにおいて、デビューイヤーの17シーズンに王者を獲得した37号車「KeePer TOM’S LC500」が展示された。

np180118-01-09.jpg

HVグレードの「LC500h “L package”」をベースに、TRDがオリジナルのエアロキット「EXTERIOR PARTS(TRD) 」を装着し、「気持ちよく走る」を追求した「LEXUS LC500h EXTERIOR PARTS(TRD)」。キットには時速80kmから効果を感じられるというフロント、サイド、リアのスポイラー、サイドスカート、リアのディフューザーが含まれ、そのほか山道でも軽快さを感じられるという21インチ鍛造アルミホイールに。

np180118-01-04.jpg

世界4大24時間レースのひとつ、「ニュルブルクリンク24時間レース」の2018年大会に参戦予定のレクサス「LC 2018 NUR24h」。エンジンの型式は「2UR-GSE改」。ホイールはBBS製で前後共に「12J18」、タイヤはブリヂストン製で前「300/680R18」、後「330/40R18」以外のスペックは未公表。

np180118-01-10.jpg

昨年の同展示会で発表された、スーパーGTのGT500仕様のレクサス「LC500」。37号車「KeePer TOM’S LC500」は23歳コンビの平川亮/ニック・キャシディが84点を獲得して、2位にわずか2点差という接戦を制してドライバーとチーム共に17シーズンの王座に輝いた。

→ 次ページ:
大型ミニバンだってカスタマイズ!

続いてはミニバン3連発!

 ミニバンは本家のトヨタ・TOYOTA GAZOO Racingブースではなく、TRD/モデリスタブースで展示されていた。

np180118-01-13.jpg

「TRD ヴェルファイア」。グレード「HYBRID Executive Lounge Z」をベースに、TRD製のフロントスポイラー、サイドスカート、リアバンパースポイラーなど、TRDの新型エアロパーツを装着。そのほかにも、ハイレスポンスマフラー、19インチアルミホイール「TRD TF5」&タイヤセットなども装着済み。なお、左側のレースクイーンたちを見たい方は、こちら(新しいタブが開きます)!

np180118-01-14.jpg

グレード「HV SR “Cパッケージ”」をベースとした、「アルファード モデリスタ」。フロントスポイラーやサイドスカートなどがセットになった「モデリスタ エアロキットA」、フェンダー、ミラー、バックドアのガーニッシュがセットになった「クールシャインキットプレミアム」、さらにはシグネチャーイルミブレード、フロントグリルカバー、ヘッドライトガーニッシュがセットの「アドバンスドフェイススタイル」、そしてホイールも20インチに。

np180118-01-15.jpg

モデリスタの「ノア MU(マルチユーティリティー) コンセプト」。エアロパーツなどで外見にオリジナリティと迫力を持たせると同時に、車内はリビングのような快適さを実現させたという1台。マルチユーティリティーの名が示すのは、ラゲージスペースの使いが手のよさ。使用目的に合わせて、ラゲージ/ベッド/カフェの3モードに手早く変更可能だ。

→ 次ページ:
最後はもっと大きいクルマたちを!

最後はワンボックス&ピックアップトラック

 最後は、ワンボックス「ハイエース」と、ピックアップトラック「ハイラックス」を取り上げる。

np180118-01-11.jpg

モデリスタの「ハイエース リラクベース」。アウトドアを楽しもうというコンセプトの1台。グレード「スーパーGL」をベースに、メッキフードガーニッシュ、ボンネット部とピラー部のブラックアウト処理、ロアグリルガーニッシュ、ホワイトカラードバンパー、フォグランプカバーなどが変更されている。そしてホイールもアルミ製だ。内装は、シート表皮やインテリアパネル類を交換するなど、内も外も手が入っている。

np180118-01-12.jpg

こちらもグレード「スーパーGL」をベースとした「ハイエース TRD フィールド モンスター」。オフロード車としての提案で、ショックアブソーバーも交換されている。そのほか、フロントおよびリアのスポイラー、サイドスカートなどのエアロやフロントフードエクステンション、フューエルカバーガーニッシュなどを装着することでドレスアップ。また、スポーツシートへの変更も行っている。

np180118-01-16.jpg

「TRD ハイラックス」。グレード「X」をベースに、フロントのグリル&バンパーカバー&アンダーカバー、サイドステップ、ドアハンドルプロテクター、そしてTRDの新製品であるキャノピーとオーバーフェンダーなどを装着。ホイールは17インチのアルミ製「JAOS トライブクロウ」に換装されている。なお、TRDでは、「ハイラックス」のタイ仕様車で「アジアクロスカントリーラリー」に参戦、16年は初参戦2位、17年は2台体制で2位、3位を獲得した。

2018年1月24日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)