クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2018.01.13 公開日:2018.01.13

【日本RQ大賞】2017年のNo.1は誰の手に!? ファイナリスト20名紹介#3

sn180111-01-00.jpg

 いよいよ1月13日(土)、幕張メッセの東京オートサロン2日目に、2017年日本レースクイーン大賞のグランプリが発表される。2017年のレースクイーンNo.1が決定するというわけだ。

 そこで、グランプリ候補のファイナリスト20名を3回に分けて大画像でひとり1ページずつ紹介しよう。それと最後で、担当記者の独断と偏見でグランプリの予想もしてみた。

 なお、ファイナリスト20名を紹介するその1はこちら、その2はこちら(共に新しいタブが開きます)。


 紹介は五十音順で、その3は以下の6名。レースクイーン名の後ろは、所属するユニット名。

【インデックス】
藤木由貴/ZENTsweeties
星野奏/R’Qs Triplets
宮越愛恵/レーシングミクサポーターズ
森園れん/D’station フレッシュエンジェルズ&B-MAX Girl
安田七奈/ドリフトエンジェルス&B-MAX Girl&ARN Girl
山本成美/エスロードガール
まとめ(2017年大賞グランプリ獲得の予想)

→ 次ページ:
まずは史上最もかわいいといわれるRQから!

藤木由貴/ZENTsweeties

 「史上最もかわいいレースクイーン」という触れ込みで大評判なのが、”ゆっきーな”こと「ZENTsweeties」の藤木由貴(ふじき・ゆき)さん。ZENTsweetiesは、トヨタ・レクサス系の古株チームの「LEXUS TEAM ZENT CERUMO」をサポートしてきた伝統の5人組ユニットだ。赤いコスチュームが目を引くユニットである。

 藤木さんは2016年の日本RQ大賞で入賞し、また同年はその年のユニットでコスチュームGPも獲得している。2017年はZENTsweetiesに移籍してリーダーとしてユニットをけん引しているだけでなく、今ではグラビアアイドルとして青年誌で活躍するなど、レースクイーンの枠に収まらないスケールとなっている。

 藤木さんは、9月27日生まれ。身長160cm、スリーサイズは81-58-84。趣味は喫茶店、カフェめぐり、お菓子作り。特技は30秒似顔絵、書道四段、バレーボール。特殊小型船舶操縦士免許や製菓衛生士(元パティシエ)の資格も持つ。ZENTsweetiesのメンバー手作りのスウィーツを食べてみたい人も多いことだろう。

sn180111-01-01b.jpg

ZENTsweetiesの17年仕様のコスチューム最大の特徴は、とてつもなくサイドが開いたミニスカート。どういう構造なのか気になるところである。ZENTsweeties5人のそろい踏みや、藤木さんの正面からの全身を見たい方はこちら(新しいタブが開きます)。

【インデックス】
藤木由貴/ZENTsweeties
星野奏/R’Qs Triplets
宮越愛恵/レーシングミクサポーターズ
森園れん/D’station フレッシュエンジェルズ&B-MAX Girl
安田七奈/ドリフトエンジェルス&B-MAX Girl&ARN Girl
山本成美/エスロードガール
まとめ(2017年大賞グランプリ獲得の予想)

→ 次ページ:
鍛えられて均整の取れた見事なボディの彼女!

星野奏/R’Qs Triplets

 スーパーGTのGT300クラスに参戦している「R’Qs MOTOR SPORTS」。同チームを応援する3人組のレースクイーンユニットが「R’Qs Triplets」だ。星野奏(ほしの・かなで)さんはそのひとり。

 同ユニットのコスチュームは、ビキニのトップスにホットパンツ、そしてロングブーツという組み合わせで、しかも素材がツヤのある反射系、かつ大部分のカラーリングがシルバーでという非常に目立つところ。星野さんの持つ明るい雰囲気をさらに引き立たせており、サーキットでもまさに全身がまぶしいレースクイーンのひとりとなっている。

 星野さんは、1991年10月30日生まれの26歳。身長は165cm、スリーサイズは83-60-81。鍛えているのであろう、引き締まって均整の取れたボディが特徴的だ。趣味は、ゴルフ、ゲーム、語学勉強、アニメ、車と多趣味。特技は歯磨きと「子どもの心との会話」、とのこと。

sn180111-01-02b.jpg

真夏はさぞかしまぶしく見えるだろうという配色のR’Qs Tripletsのコスチューム。星野さんのトレーニングされた均整の取れたボディにとても似合っている。

【インデックス】
藤木由貴/ZENTsweeties
星野奏/R’Qs Triplets
宮越愛恵/レーシングミクサポーターズ
森園れん/D’station フレッシュエンジェルズ&B-MAX Girl
安田七奈/ドリフトエンジェルス&B-MAX Girl&ARN Girl
山本成美/エスロードガール
まとめ(2017年大賞グランプリ獲得の予想)

→ 次ページ:
コンテンツパワー炸裂のユニットから長身の彼女!

宮越愛恵/レーシングミクサポーターズ

 その2で紹介した鈴菜さんと同門の「レーシングミクサポーターズ」所属の宮越愛恵(みやこし・まなえ)さん。同ユニットは、元F1ドライバーの片山右京氏を監督に迎え、スーパーGTのGT300クラスで活躍する「GOODSMILE RACING & TeamUKYO」を応援している。初音ミクをモチーフとしており、コスチュームも初音ミクをイメージしたデザインだ。

 同ユニットのコスチュームのポイントとして、鈴菜さんのところではネクタイについて触れたが、左太ともものシュシュのようなガーターリングにも注目してもらいたい。こちらは初音ミクとは関係のないファッションだが、センスのいいアクセサリーではないだろうか。

 宮越さんは、1992年11月24日生まれの25歳。身長は168cm、スリーサイズは80-56-88。168cmは同門の鈴菜さんと並んで、ファイナリスト中では最も高い身長だ。趣味はマンガやアニメの鑑賞、ピアノ。特技はものまねとあるが、マンガやアニメのキャラのものまね、ぜひ見てみたいものである。

sn180111-01-03.jpg

童顔がかわいいと評判の宮越さん。頭の飾り物もキュートな笑顔に似合っている。なお、レーシングミクサポーターズ4人がそろったところを見たい方は、こちら(新しいタブが開きます)。

【インデックス】
藤木由貴/ZENTsweeties
星野奏/R’Qs Triplets
宮越愛恵/レーシングミクサポーターズ
森園れん/D’station フレッシュエンジェルズ&B-MAX Girl
安田七奈/ドリフトエンジェルス&B-MAX Girl&ARN Girl
山本成美/エスロードガール
まとめ(2017年大賞グランプリ獲得の予想)

→ 次ページ:
日本で最も多忙なレースクイーンの登場!

森園れん/
D’station フレッシュエンジェルズ&B-MAX Girl

 2014年の日本RQ大賞で入賞した森園れん(もりぞの・れん)さんは、今、最も人気のあるレースクイーンのひとり。2017年はスーパーGTとスーパー耐久シリーズ(S耐)には「D’station Racing」を応援する「D’station フレッシュエンジェルズ」のメンバーとして参加。ちなみに同ユニットはS耐そのものの公式イメージガールでもある。さらに、スーパーフォーミュラでも活躍しており、「B-MAX Racing team」を応援する「B-MAX Girl」のメンバーである。

 つまり、森園さんは国内主要3レースすべてにレースクイーンとして参加しているということ。それに加え、D’station RacingはF1日本GPのサポートレースにも参戦しているので、合計すると主要レースでの応援は22回。森園さんは今、日本で最も多忙なレースクイーンのひとりといえるのである。

 森園さんは、1993年2月17日生まれの24歳。身長は165cm、スリーサイズは81-59-86。趣味はカラオケ、買い物。特技はダンスと”怖い顔”だそうだ。

sn180111-01-04b.jpg

このコスチュームは、B-MAX Girlのもの。ちなみに、その1で紹介した安藤麻貴さんと小越しほみさんとはD’station フレッシュエンジェルズとして、次ページで紹介する安田七奈さんとはB-MAX Girlとしてそれぞれのチームメイトである。森園さんのD’station フレッシュエンジェルズのコスチューム姿を見たい方はこちら(新しいタブが開きます)。

【インデックス】
藤木由貴/ZENTsweeties
星野奏/R’Qs Triplets
宮越愛恵/レーシングミクサポーターズ
森園れん/D’station フレッシュエンジェルズ&B-MAX Girl
安田七奈/ドリフトエンジェルス&B-MAX Girl&ARN Girl
山本成美/エスロードガール
まとめ(2017年大賞グランプリ獲得の予想)

→ 次ページ:
国内MS4カテゴリー制覇の彼女!

安田七奈/
ドリフトエンジェルス&B-MAX Girl&ARN Girl

 安田七奈(やすだ・なな)さんは、スーパーGTでは「TEAM UPGARAGE with BANDOH」を応援する「ドリフトエンジェルス」、スーパーフォーミュラでは「B-MAX Racing team」を応援する「B-MAX Girl」、S耐では「ARN RACING」を応援する「ARN Girls」の一員という、彼女もまた最も多忙なレースクイーンのひとり。

 しかも、ドリフトエンジェルスはD1グランプリに参戦する「Team UP GARAGE」もイメージガールとして応援しているので、日本で最も忙しいレースクイーン&モータースポーツ系イメージガールといえる。国内主要3レースにD1グランプリも含めると、26の週末でレースクイーン&イメージガールを務めていたことになるのである。

 安田さんは、1991年7月2日生まれの26歳。身長は167cm、スリーサイズは83-60-84。趣味は海外旅行、特技は英会話で英検準2級という国際派。カラオケ、買い物も趣味。

sn180111-01-05.jpg

ARN Girlsのコスチュームを身にまとった安田さん。ドリフトエンジェルスの安田さんを見たい方は、こちらから(新しいタブが開きます)。

【インデックス】
藤木由貴/ZENTsweeties
星野奏/R’Qs Triplets
宮越愛恵/レーシングミクサポーターズ
森園れん/D’station フレッシュエンジェルズ&B-MAX Girl
安田七奈/ドリフトエンジェルス&B-MAX Girl&ARN Girl
山本成美/エスロードガール
まとめ(2017年大賞グランプリ獲得の予想)

→ 次ページ:
その3の最後を飾るのは彼女!

山本成美/エスロードガール

 スーパーGTに日産系のチームとして長らく参戦し、2011年からはGT500クラスにステップアップして活躍中の「MOLA」。同チームをサポートするのが2人組のユニットが、山本成美(やまもと・なるみ)さんの属する「エスロードガール」だ。

 エスロードガールのコスチュームは、王道的なデザインの上に黒がベースの配色なのででシックな雰囲気を持つ。所々にフリルが使われているのがポイントだろう。そうした要素が山本さんの清楚な雰囲気と相まって、静かなたたずまいを醸し出している。レースクイーンとしてはほかにあまり例を見ない雰囲気は大きな武器となっている。

 山本さんは、1991年7月6日生まれの26歳。身長は165cm、スリーサイズは80-60-88。趣味は映画鑑賞で、特技は犬をなつかせることだそうだ。犬になってみたい。

sn180111-01-06.jpg

明るさや派手さ、艶やかさなどが多くを占めるレースクイーンだが、独特の静かなたたずまいが特徴的な山本さん。王道的なデザインのコスチュームだが、各所に使われた黒のフリルがポイントとなっている。

【インデックス】
藤木由貴/ZENTsweeties
星野奏/R’Qs Triplets
宮越愛恵/レーシングミクサポーターズ
森園れん/D’station フレッシュエンジェルズ&B-MAX Girl
安田七奈/ドリフトエンジェルス&B-MAX Girl&ARN Girl
山本成美/エスロードガール
まとめ(2017年大賞グランプリ獲得の予想)

→ 次ページ:
ファイナリスト20の誰がグランプリを獲得するか予想!

担当記者が予想する2017年の大賞グランプリは!?

 日本レースクイーン大賞のその年のNo.1である「大賞グランプリ」は、有名な多人数人気アイドルグループの総選挙と同じ方式の投票システムで、最も多くの得票を集めた人が受賞するシステムだ。

 そのため、グランプリの受賞者を予想するのは、ファイナリスト20名の中からだとしても難しい。まず見た目だけで判断するのは不可能だ。ファイナリストに選出されるぐらいなので、どのレースクイーンも美しかったり、かわいかったり、魅力的だったりと、甲乙つけがたい。

 そのため、それ以外の要素も考慮する必要がある。そのレースクイーンが所属しているユニット、応援しているチーム、そのチームが参戦しているレースカテゴリーなどの人気や知名度、さらには近年は「新世紀エヴァンゲリオン」や「初音ミク」といったコンテンツパワーの力も加わってきているので、どんなファンがどう投票するかというのを予想するのは、非常に難しいところ。

コンテンツパワー・「エヴァ」vs「ミク」はどっちに!?

 しかし、そのコンテンツパワー系はレースクイーンが演じているキャラクターとのマッチ度が高ければ高いほど、間違いなく票を集めるはずで、エヴァンゲリオンの綾波レイ役の引地裕美さんはその好例だろう(この後のリンクもすべて新しいタブが開きます)。しかも、エヴァンゲリオンレースクイーンは引地さんのみがファイナリストに残っており、チームや作品のファンの票を集めやすく、その点で有利といえるかも知れない。

 同じコンテンツパワーで人気を集めているのが、初音ミクをモチーフにした「レーシングミクサポーターズ」だ。ただ、惜しむらくは同ユニットは鈴菜さんと宮越愛恵さんという甲乙つけがたい2名がファイナリストとして残っており、作品ファンやチームのファンの票がおそらくは割れてしまうものと思われる。

ユニット人気と本人の実績などを考えると…

 また、過去の実績と現在の勢い、ユニット自体の人気・知名度などから考えてみると、グランプリ受賞の候補となりそうなのが、「pacific fairies」の阿久津真央さん、「ドリフトエンジェルス」の神尾美月さん、「ZENTsweeties」の藤木由貴さん、「D’station フレッシュエンジェルズ」の森園れんさんといったところだろうか。

 ただし、ドリフトエンジェルスもD’station フレッシュエンジェルズも同門対決の状況となっており、これまた票が割れてしまう可能性がある。

 そうした点も含めて熟考した結果、本命が引地裕美さん、対抗が藤木由貴さん、穴が阿久津真央さん、とした。

 そしてダークホースとして推しておきたいのが、フォーラムエンジニアリングギャル&ゼノティスタイヤの織田真実那さんと、「WAKO’S GLIRS」の市川愛さん。どちらも新人ながら大賞ファイナリスト20名に残っており、もしかしたらがありそうな勢い(と初々しさ)を感じる。特に個人的に推しておきたいのが、織田真実那さんだ!

 日本レースクイーン大賞の2017年大賞グランプリの発表は、東京オートサロンの2日目、13日土曜日。刮目して待とう。

 ファイナリスト20名を紹介するその1はこちら、その2はこちら

【インデックス】
藤木由貴/ZENTsweeties
星野奏/R’Qs Triplets
宮越愛恵/レーシングミクサポーターズ
森園れん/D’station フレッシュエンジェルズ&B-MAX Girl
安田七奈/ドリフトエンジェルス&B-MAX Girl&ARN Girl
山本成美/エスロードガール
まとめ(2017年大賞グランプリ獲得の予想)

2017年1月11日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

コンパニオン系の記事が盛りだくさん! 記事一覧はこちらから!

sn170929-01.jpg

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)