クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2017.10.02 公開日:2017.10.02

【フランクフルトモーターショー2017】 ランボルギーニから映画カーズまで 35の展示車を一挙紹介!

171107-01.jpg

ASPARK「OWL」。© JAF MW

 世界39か国約1,100社(その内、自動車メーカーは約50社)が出展した世界最大級のクルマの見本市「第67回フランクフルトモーターショー」が、9月14日~24日にかけて開催された。
 Park Blogでは、ドイツ・メーカーを中心に3回に渡りリポートを掲載した。記事にはできなかった展示車の一部を写真として紹介することで、モーターショーの雰囲気を感じていだきたい。

ビジター注目の国産EVスーパーカー

 ASPARK(アスパーク)という人材派遣や開発支援などを行う日本企業のEVスーパーカー「OWL」が今回初出展。0~100km/hが2秒という世界最高加速を目指すモンスターEVで、ビジターの関心を煽っていた。

© JAF MW

 マツダのブースに展示されていた1967年発売の「コスモスポーツ」。ドイツのチューニングショップによって復活されたもので、ラリーで1位を受賞した車両である。

00_suma_01.jpg

© JAF MW

展示車数100台!圧巻のベンツ・ブース

 メルセデスAMGの創業50周年を記念し、F1エンジンを搭載したハイブリッド・スーパーカー「プロジェクトワン」。人気の新型車の前では、ひっきりなしにTVクルーによる撮影が行われているが、スペインのTV番組の取材風景をご紹介。

00_suma_02.jpg

© JAF MW

 コネクトを搭載したEVらしい立体的なバックライトのデザインが特徴的なメルセデス・ベンツのコンセプトモデル「EQ A」。

IMG_1072.jpg

© JAF MW

 メルセデス・ベンツ「EQ A」のフロント部。

00_suma_04.jpg

© JAF MW

 スマートのコンセプトカー「ビジョンEQフォーツー」。バンパーのディスプレーに「go ahead(お先にどうぞ)」や名前つきのハローなどの文字が表れて、クルマ、通行人、ドライバーとのコミュニケーションを行う。

00_suma_05.jpg

© JAF MW

→ 次ページ:
パトカーからF1まで、ベンツブース

 約40年ぶりにフルモデルチェンジが行われた、メルセデス・ベンツの新型Gクラス。

00_suma_06.jpg

© JAF MW

 メルセデス・ベンツAMGのレーシングカー。3階建てでエスカレーターつきの広大なベンツのブースには約100台のクルマが展示されていた。下の写真は、2017年のF1世界選手権参戦用に開発されたフォーミュラ1カー「Mercedes F1 W08 EQ Power+」。

00_suma_07.jpg

© JAF MW

00_suma_08.jpg

© JAF MW

 メルセデス・ベンツ「マイバッハ6 カブリオレ」。メタリックのボディとホワイトのルーフによるスーパー・ラグジュアリーカー。会場では年配層のドイツ人男性に大人気で熱心に写真を取っていた。

00_suma_10.jpg

© JAF MW

00_suma_11.jpg

© JAF MW

00_suma_12.jpg

© JAF MW

 メルセデス・ベンツのブースの屋外には素通りできないクルマが展示。スマートのパトカーと「GLC 350e」の救急車もそのひとつ。両車ともにシルバーが入って洗練されたカラーに変化した。

00_suma_13.jpg

© JAF MW

00_suma_14.jpg

© JAF MW

→ 次ページ:
2人乗りドローン、アヴェンタドール、そしてドイツ軍も

軍用車からランボルギーニまで幅広い乗り物が

 メルセデス・ベンツの屋外ブースに出没した2人乗りの電動式ドローン「Volocopter 2X」。まるでヘリコプターのようだが8つのプロペラを持ち、都市での移動のために開発中だという。

00_suma_15.jpg

© JAF MW

 あまり報道される機会はないかもしれないが、フランクフルトモーターショーには毎年ドイツ連邦軍と警察も出展している。下の写真はジープ「Mowag Eagle IV 4×4」。

00_suma_16.jpg

© JAF MW

00_suma_17.jpg

© JAF MW

00_suma_18.jpg

© JAF MW

 ワールドプレミアとして発表されたランボルギーニ・アヴェンタドールの改良モデル 「アヴェンタドール S ロードスター」。

00_suma_19.jpg

© JAF MW

 ジャガーが発表したEV「Iペース eトロフィー」

00_suma_20.jpg

© JAF MW

 ジャガーによるEVのコンセプトカー「Iペース」

00_suma_21.jpg

© JAF MW

 同じくジャガーのブースから、ハイパフォーマンスモデル「XE SVプロジェクト8」

00_suma_22.jpg

© JAF MW

→ 次ページ:
BMWと欧州メーカーのEV

 コネクト機能を搭載したバタフライドアのPHVであるBMW「i8」。

00_suma_23.jpg

© JAF MW

 新型ロードスターのデザイン・スタディBMW 「Z4」。

00_suma_24.jpg

© JAF MW

 BMW「5シリーズ ツーリング」のパトカーバージョンもBMWの展示場に出展。

00_suma_25.jpg

© JAF MW

 独ブレーメンに拠点を置くメーカーBorgward(ボーグワード)のEVコンセプトカー「イザベラ」。

IMG_1274.jpg

© JAF MW

 ルノーのF1コンセプトカー『R.S. 2027 Vision』。V型6気筒ガソリンターボエンジンハイブリッドシステムの一種「KERS」を組み合わせてある。

00_suma_27.jpg

© JAF MW

 自動運転、電動化、コネクテッドを備えた未来のモビリティビジョンを提示するコンセプトカー「SYMBIOZ」をルノーがワールドプレミアで発表。

00_suma_28.jpg

© JAF MW

00_suma_29.jpg

© JAF MW

→ 次ページ:
中国や日本のメーカー

 今回初出展した中国のメーカーWEYのウィングドアを採用したコンセプトPHV「XEV」。

00_suma_30.jpg

© JAF MW

 トヨタの欧州デザインセンターであるフランス・ニースがデザインを担当したトヨタ 「C-HR Hy-パワー コンセプト」。

00_suma_31.jpg

© JAF MW

 ポップアップルーフのキャンピングカー、シトロエン「SPACETOURER(スペースツアラー)」は、グリーンのカラーがシックなコンセプトカー。

00_suma_32.jpg

© JAF MW

 タイヤメーカーのミシュランは無人・完全自動運転車のレース「ロボレース」を主催するロボレース社から公式タイヤパートナーとして指定されている。ブースにはレースカーとタイヤが展示。

00_suma_33.jpg

© JAF MW

 最後に映画「カーズ」のプロモーションカーを発見。ボディはミニカーで覆いつくされている。

00_suma_36.jpg

© JAF MW

2017年10月2日(JAFメディアワークス IT Media部 荒井 剛)

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)