クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2017.09.26

ジャパンEVラリー白馬2017その3 フォルクスワーゲン、ボルボ!欧州PHV試乗:後編【動画あり】

この記事をシェア

 9月2日(土)~4日(月)に長野県白馬村で開催された、『ジャパンEVラリー白馬2017』(一般社団法人日本EVクラブ主催、白馬村/白馬村観光局後援)。

 同イベントでは試乗会も行われ、国内外メーカーのEV(電気自動車)やFCV(燃料電池自動車)、PHV(プラグイン・ハイブリッド車)にも乗ることができた。試乗レポートその2は、海外メーカーのPHV7車種が集まったが、続いて後編として残りの3台をお届けする。

フォルクスワーゲン「ゴルフ GTE」

np170923-01-01.jpg

フォルクスワーゲン「ゴルフ GTI」。ベース車両は、累計の販売台数が世界で合計約200万台という「ゴルフ GTI」の最新7代目だ。

 「ゴルフ GTE」はフォルクスワーゲン(VW)初のPHVで、2015年9月から日本国内での販売が始まった。ベース車両は、元祖”ホットハッチ”(スポーツタイプのハッチバック)といわれる「ゴルフ GTI」の最新7代目だ。

 走行モードは、一般的なモーター駆動のみの「E」、効率よくガソリンエンジンとモーターを使い分けて駆動させる「HV」に加え、両方を同時に駆動させることで「ゴルフ GTI」譲りのスポーティな走行を楽しめる「GTE」の3種類が用意されている。

 なおVWは現在アウディを傘下に従えていることから、両ブランドでプラットフォームの共通化を図っている。前編で紹介したアウディ「A3 スポーツバック eトロン」とこの「ゴルフ GTE」は共通プラットフォームを使用して開発された。

 最高出力80kW・最大トルク330N・mのモーターを搭載し、モーター駆動のEモードでは最高速度は時速130km、航続距離は最長53.1km。リチウムイオン・バッテリーの総電力容量は8.7kWh。

 ガソリンエンジンは直列4気筒ターボ・排気量1394cc。ハイブリッドモードでの燃費は、23.3km/L(JC08モード)だ。

np170923-01-02.jpg

「ゴルフ GTE」のリアビュー。車両価格は469万円(税込)。

「ゴルフ GTE」の同乗試乗の様子。回生ブレーキの効き具合が強くなるシフトセレクターを「Bレンジ」にした際の走行なども見てもらえる。解説は試乗会でインストラクターを務めた女性モータージャーナリストの吉田由美氏。

→ 次ページ:
続いてはVWのPHVのフラッグシップ車!

VW「パサート GTE ヴァリアント アドバヴァンス」

np170923-01-03.jpg

VW「パサート GTE ヴァリアント アドヴァンス」。フラッグシップモデル「パサート」のステーションワゴンタイプのアップグレード仕様である「パサート ヴァリアント アドヴァンス」がベース車両だ。

 今回、VWは2台の試乗車を用意し、2台目は「パサート GTE ヴァリアント アドヴァンス」だ。VWのフラッグシップモデル「パサート」(セダン)のステーションワゴンタイプ「パサート ヴァリアント」のアップグレード仕様である「パサート ヴァリアント アドヴァンス」をベースとしている。VWのPHVとしては2車種目で、2016年6月から日本国内での販売を開始した。

 「ゴルフ GTE」と同様にE、HV、GTEという3種類の走行モードを備える。また、トランスミッションもGTEと同じで、PHV専用に開発されたモーターと3枚のクラッチを備える軽量の6速ダイレクトシフト・ギアボックスを搭載。

 最高出力85kW・最大トルク330N・mのモーターを備え、モーター駆動のEモードでは最高速度は時速130km、航続距離は最長51.7km。リチウムイオン・バッテリーの総電力容量は9.9kWhだ。

 ガソリンエンジンは直列4気筒ターボ・排気量1394cc。ハイブリッドモードでの燃費は、21.4km/L(JC08モード)だ。

np170923-01-04.jpg

リアビュー。「パサート GTE ヴァリアント アドヴァンス」は、「ゴルフ GTE」よりも200kg弱重いため、バッテリーの総電力容量は増やされているが、航続距離は若干短くなっている。車両価格は599万9000円(税込)。

VW「パサート GTE」の同乗試乗の様子。前半はモーター駆動の「Eモード」での走行、途中からバッテリーを充電するモードで走行した。解説は、試乗会でインストラクターを務めたモータージャーナリストの斎藤聡氏。

→ 次ページ:
続いてはボルボ初のPHVにて7シーター・大型SUV!

ボルボ「XC90 T8 ツイン エンジン AWD インスクリプション」

np170923-01-05.jpg

ボルボ「XC90 T8 ツイン エンジン AWD インスクリプション」。近年、7人乗りの大型SUVが増えているが、同車はその内のひとつ。

 ボルボ「XC90」シリーズは、新開発のプラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ」を初めて採用した7人乗りの大型SUV。「XC90 T8 ツイン エンジン AWD インスクリプション」は、その中に用意されたPHVモデルだ。日本国内での販売は、2016年1月からだ。

 モーターは前後2基搭載されており、前は最高出力34kW・最大トルク160N・m、後ろは最高出力65kW・最大トルク240N・m。

 モーター駆動のみで航続距離は最長35.4km(モーター駆動のみでの最高速度は未公表)。リチウムイオン・バッテリーの総電力容量は10.8kWhだ。

 直列4気筒・排気量1968ccのガソリンエンジンはツインチャージャー、つまりターボとスーパーチャージャーの両方を備えている点が特徴的。ハイブリッドモードでの燃費は、13.7km/L(JC08モード)だ。

np170923-01-06.jpg

リアビュー。全長は4950mmあり、全幅も1960mmある。車両価格は「XC90」のグレードの中では最も高額な1009万円(税込)。

「XC90 T8 ツイン エンジン AWD インスクリプション」の動画のみ、ジャパンEVラリー白馬2017の試乗コースではなく、長距離の試乗をして中央高速を走った際のもの。SAから出てしばらくはモーター駆動、本線に合流する直前にアクセルを踏むとエンジンも稼働するのが聞き取れるはずだ。

2017年9月25日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

この記事をシェア

応募する

次回は2023年12月5日からスタートです!
次回は2023年12月5日からスタートです!