クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2017.07.22 公開日:2017.07.22

【動画あり】アストンマーティン ソープボックス 

np170726-03.jpg

アストンの”新型レーシングマシン”

 アストンマーティンは、7月10日に英国で開催されたレッドブルソープボックスレースに参戦、2位を獲得した。といっても、ここでいうソープボックスとは、無動力のカートのこと。走るためのエネルギーは”重力”だ。

 お遊びのレースに思えるかもしれないが、しかし、彼らはその舞台に真剣に挑戦した!(と思う)

Aston_Martin__Red_Bull_Soapbox使用.jpg

ル・マン24時間レースのピットストップを模したパフォーマンス。

 アストンマーティンは、ル・マン24時間レース優勝の興奮覚めやらぬ時期に、同レースで戦った「ヴァンテージGTE」そっくりの車体を開発。
 レース本番では、ピットストップのパフォーマンスをするなど、会場に詰め掛けた2万人を超える大観衆を沸かせた。

Aston_Martin__Red_Bull_Soapbox (2)使用.jpg

最初のジャンピングスポットで、せっかくのリアウイングが吹き飛んだ!

 実際のレースでは、50km/hにせまる最高速度を出し、コース中いくつかあるジャンピングスポットで、毎回ノーズダイブして(車体前面から突っ込んで)着地するという”荒業”も見せた。
 何事にも本気で取り組むのが”大人の嗜み”なのである!

【カッコよくて迫力ある、だけど笑ってしまう映像はこちら↓】

【オンボード(ではないけれど)映像はコチラ↓】

2017年7月22日(JAFメディアワークス IT Media部 伊東真一)

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)