クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2017.05.18 公開日:2017.05.18

1963年発売のスポーツカーの代名詞、 ポルシェ911が生産100万台を記録!

 ドイツの自動車メーカー・ポルシェAGが「911」というスポーツカーを発売したのは1963年のこと。以来、ポルシェのスポーツカーは50年にわたって熱狂的な人気を集め、憧れの対象となってきた。

 そんなスポーツカーの代名詞ともいえるモデル911が5月11日、100万台目の生産を記録した。1963年に発売された初代911の特徴を受け継ぐスペシャルカラー「アイリッシュグリーン」の「911カレラS」が、ドイツの工場ツッフェンハウゼンにてラインオフし、全社を挙げてロングラン製造されてきた911の業績を祝った。

np170518-00.jpg

ポルシェ911カレラS。©Porsche AG

 初代911から開発に携わってきたポルシェ監査役会会長Dr.ヴォルフガング・ポルシェ氏は、
 「54年前に父親と一緒に911の初乗りをさせてもらいましたが、その時の感激は今もまったく変わっていません。それは今でもこの車が、1948年の初代ポルシェ365/No.1と同様に、ブランドの中心的存在だからです」。
 と喜びを示した。

170516-1-2.jpg

911の「生みの親」Dr.ヴォルフガング・ポルシェ氏。©Porsche AG

→ 次ページ:
公道とサーキットの両方のために設計

 ポルシェ911は、スポーツカーのセグメントで新しいカテゴリーを打ち出したといえるほど、エポックメイキングな車両であり、コレクターズアイテムとして愛され、商業的にも成功を収めてきた。2016年は過去最高の年間販売台数、32,365台を達成した。また、これまでに製造された911全車両の70%以上が、現在も走行可能であるという高い品質は、米国J.D.パワー社の「初期品質調査(IQS)」による品質ランキングで常にトップを飾っていることでも証明されている。

170516-1-3.jpg

©Porsche AG

 911が技術的に画期的なのは、一般公道とサーキットの両方のために設計されたスポーツカーであることだ。ポルシェの約30,000回におよぶレースの優勝の半数以上がこのモデルで達成されたというから驚きだ。

 今回の100万台達成について、
「初代911の基本コンセプトから逸脱することなく、さらに完璧なものにするためにテクノロジーを改善し続けてきた結果です」。
 とその成功の秘訣をポルシェAG社長オリバー・ブルーメ氏は述べている。

170516-1-4.jpg

ドイツ・ツッフェンハウゼン本社での生産の様子。©Porsche AG

→ 次ページ:
100万台達成を支えた影の存在

 もうひとつの成功の要因として、911の全車両が生産されるツッフェンハウゼン本社の生産拠点が挙げられる。911, 718, ボクスターおよび718ケイマンの全ての2ドアモデルは、最新の生産工程によってひとつのラインで管理されている。組み立て作業員は情熱と知識を備えたエキスパートで、1台1台をブランドにふさわしい品質で、誇りをもって納品している。こうした作業員の存在も、911の成功を語る上で欠かすことができない。

170516-1-5.jpg

歴史的記録を祝う作業員。©Porsche AG

 金字塔を立てた100万台目の911は、ポルシェAGが保有する。ワールドツアーを行い、スコットランドのハイランド・カウンシル、ニュルブルクリンクなどのサーキットや、アメリカ、中国を巡った後、ポルシェ・ミュージアムのコレクションに加わり、多くのビジターの目に触れることになる予定だ。

170516-1-6.jpg

ポルシェ・ミュージアムの倉庫に置かれた911。©Porsche AG

2017年5月18日(JAFメディアワークス IT Media部 荒井 剛)

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)