2018年09月28日 01:30 掲載

ニュース・プラス 「頭文字D」のハチロクなど人気3車種が、京商から入門用トイラジコン「ファーストミニッツ」シリーズとなって登場!


くるくら編集部 日高 保

np180926-02-01.jpg

京商の新型トイラジコン「ファーストミニッツ」シリーズ。第1弾は「頭文字D」を題材とし、作中の人気3車種が登場。

 「頭文字D」といえば、"ハチロク"ことトヨタ「スプリンター トレノ」が活躍する、全48巻の累計発行部数が約5000万部という大人気コミック。同作品に登場する人気3車種が、新型トイラジコン「FIRST MINI-Z(ファーストミニッツ)」シリーズの第1弾として、総合ホビーメーカーの老舗である京商から発売が開始された。

 今回登場したのは、主人公の"最速のダウンヒラー"藤原拓海が乗る「ハチロク」と、作中で1、2を争う人気キャラクターである高橋兄弟が乗るマツダ「FC3S型RX-7」(兄・涼介)および「FD3S型RX-7」(弟・啓介)の合計3車種となっている。ボックスアートや、ナンバープレートはアニメ新劇場版がベースだ。

「ミニッツ」シリーズの入門用「ファーストミニッツ」シリーズ

 「ファーストミニッツ」シリーズは、京商が1999年から発売を開始した、手のひらサイズながら本格的な走りを楽しめる小型ラジコンである「MINI-Z(ミニッツ)」シリーズの入門用という位置付けだ。「ミニッツ」シリーズは車種が豊富なことに加え、オプションパーツによるチューニング(性能強化)やカスタマイズ(外見変更)などが好評を博し、現在では世界40か国で楽しまれている。そんな「ミニッツ」シリーズを、誰でも気軽に、なおかつ家庭内でも楽しんでもらえるようにと、入門用として新たに開発したのが今回の「ファーストミニッツ」シリーズだ。

 「ファーストミニッツ」シリーズは、「ミニッツ」シリーズのようにチューニングやカスタマイズこそできないが、価格はラジコン本体やコントローラーなどがワンセットになって4980円(税別)。「ミニッツ」シリーズが2~3万円の価格帯の本格的なホビーに対し、買い求めやすい価格に設定されている。

np180926-02-02.jpg

「ミニッツ」シリーズ、そして今回の「ファーストミニッツ」シリーズは、手のひらに載るコンパクトさ。全長は130mm。

 ラジコン本体は単三アルカリ電池2本で走行可能(コントローラーにも同じく単三アルカリ電池2本必要)。連続走行時間は新品の電池で約60分。それから、無線の周波数帯は免許の要らない2.4GHzを利用しており、コントローラーとラジコン本体のペアリングも自動的に行われる。最大12台で混信することなく走れるので、ユーザーを集めてレースイベントも開催可能だ。

np180926-02-05.jpg

単三アルカリ電池2本でラジコン本体の走行が可能。コントローラーにはそれとは別に2本必要。合計4本用意すればすぐに遊べる。

→ 次ページ:
「ファーストミニッツ」シリーズの特徴は?