2016年12月15日 12:07 掲載

ニュース・プラス トヨタ、18年ぶりにWRC復帰!
シェイプアップした「ヤリスWRC」と
ドライバーも発表!!


「ヤリスWRC」のスペック

np161214-02-03.jpg

「ヤリスWRC」の正面。

 「ヤリスWRC」は、2017年FIAワールドラリーカー技術規定に準拠する新世代のワールドラリーカーで、スペックは以下の通りだ。これまで、テストカーを用いて数千時間に及ぶ開発が行われている。

【ヤリスWRCスペック】
全長×全幅×全高:4085mm(空力パーツ込み)×1875mm×調整可能
トレッド幅:調整可能
ホイールベース:2511mm
最低重量:1190kg
最高速度(理論値):時速201km
加速性能:非公開
サスペンション(フロント/リア共に):マクファーソン・ストラット
サスペンションストローク量:非公開
ブレーキシステム(グラベル用):300mm(空冷及び水冷)
ブレーキシステム(ターマック用):370mm(空冷及び水冷)

【エンジン】
形式:直列4気筒直噴ターボエンジン
排気量:1600cc
最高出力:380馬力以上
最大トルク:425Nm以上
ボア×ストローク:83.8mm×72.5mm
エア・リストリクター:36mm(FIA規定による)

 ご存じの方も多いかとは思うが、チーム総代表は豊田章男トヨタ代表取締役社長で、チーム代表を往年のWRC王者トミ・マキネンが務める。

np161214-02-07.jpg

左がマキネンで、右が豊田章男社長。

 WRC17シーズンは全13戦の予定で、早くも1月から始まる。19日から22日まで、モナコにてラウンド1「ラリー・モンテカルロ」が開催される。トヨタの活躍を期待しよう。

2016年12月15日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

関連記事