2021年05月21日 19:20 掲載

クルマ 引越し時のナンバー交換が次回車検まで猶予されることに。来年1月開始予定

国土交通省は、引越し等による自動車の住所変更手続きを、オンライン申請で行えば、ナンバープレートの交換は次回車検時まで猶予する特例を創設する。引越し等にともなう手続きの負担軽減のための取り組みとして、2022年1月より運用が開始される予定だ。

タグ:

くるくら編集部 会田 香菜子

これは朗報!引越し時に慌てて陸運支局へ行かなくてよくなる

国土交通省が創設した特例により、オンライン申請による引越し時のナンバープレート交換が次回車検時まで猶予されるようになる。© romaset - stock.adobe.com

 引越しの際には、さまざまな変更手続きが必要になるが、マイカーを持っていると車検証に記載されている住所の変更も行わなくてはならない。近隣への引越しでナンバープレートの地名表示が変わらない場合でも、管轄の陸運支局等へ行って車検証の住所を変更する必要があるし、もしもナンバーの地名表示も変わるなら、マイカーを陸運支局等に持ち込んで、ナンバープレートを変える必要がある。

 道路運送車両法の12条では、こういった手続きを転居から15日以内に行うよう決められている。怠った場合には、50万円以下の罰金に処される可能性がある。

 とはいえ、ただでさえ忙しい引越し時に、マイカーで陸運支局まで行って手続きをするのはなかなか大変だった。そこで国土交通省では、住所変更手続きを期限内にオンライン申請すれば、ナンバープレートの交換は次回の車検時まで猶予する特例を設けることを発表した。車検証の変更だけの場合は、新旧の車検証を郵送でやりとりするという。これで、引越し直後に慌ただしく陸運支局等へ行く必要がなくなるわけで、マイカーユーザーには朗報だ。

住所変更時のナンバープレート交換に関する特例の概要図

出典:国土交通省

 これらの仕組みは、現在整備を進めている「自動車保有関連手続きのワンストップサービス(OSS)」によって行われる。現在システム改修などの準備が進められており、運用開始は2022年1月の予定。詳細な内容については、今後追って公表されるという。

ライターお勧めの関連記事はこちら