クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2023.04.26 公開日:2023.04.26

車検ステッカーの貼付位置が変更!2023年7月から施行。

国土交通省は、クルマの車検ステッカー(自動車検査標章)の貼付位置を定めた「自動車検査業務等実施要領」を一部改正。2023年7月から施行する。新しい貼付位置はどこになったのだろうか。

くるくら編集部

記事の画像ギャラリーを見る

車検ステッカー(自動車検査標章)貼付位置が変わる

自動車検査標章|車検ステッカー|貼付位置|改正|車検ステッカーのイメージ(1)

クルマの車検ステッカー(自動車検査標章)のイメージ。 (c)U4 – stock.adobe.com

 国土交通省は、クルマの車検ステッカー(自動車検査標章)の貼付位置を定めた「自動車検査業務等実施要領」を一部改正。2023年7月から施行する。

 車検ステッカーの貼付位置は、これまでの「前方から見えやすい位置」から「前方かつ運転者席から見えやすい位置」へと変更になる。

 「前方かつ運転者席から見えやすい位置」とは、運転者席側上部で、車両中心から可能な限り遠い位置。例外として、その位置で運転者の視野を妨げる場合は、運転者の視野を妨げない前方かつ運転者席から見やすい位置である。

自動車検査標章|車検ステッカー|貼付位置|改正|新しい車検ステッカーの貼付位置

2023年7月から施行される車検ステッカーの貼付位置。 画像=国土交通省

 つまり、この実施要領の改正が施行されれば、車検ステッカーの貼付位置は、右ハンドルの場合、フロントガラスの右角。左ハンドルの場合、フロントガラスの左角が主な貼付位置になる(どちらも運転席から見た場合)。

 なお、施行開始日以降、新たに車検ステッカーを貼付する車両が新基準の対象。 すでに貼付している車検ステッカーの貼付位置を変更する必要はない。

自動車検査標章(車検ステッカー)とは

自動車検査標章|車検ステッカー|貼付位置|改正|車検ステッカーのイメージ(2)

クルマの車検ステッカー(自動車検査標章)のイメージ。 (c)U4 – stock.adobe.com

 自動車検査標章は、一般的に「車検ステッカー」と呼ばれ、クルマの新規登録時や車検(自動車検査登録制度)において、保安基準に適合した際に交付されるもの。車検ステッカーの表面には車検の有効期間が満了する「年月」、裏面には車検の有効期間が満了する「年月日」が印字されている。

 このステッカーは、道路運送車両法施行規則第37条の3において「自動車のフロントガラスの内側に前方から見やすいように貼り付ける」と規定され、さらに自動車検査業務等実施要領において、より具体的な貼付位置が定められている。

自動車検査標章|車検ステッカー|貼付位置|改正|2023年6月末までの車検ステッカー貼付位置

2023年6月末までの車検ステッカー貼付位置 画像=国土交通省

 現在の車検ステッカーの貼付位置は、クルマの前方から容易に確認できるよう、下記のように定められている。

【車検ステッカーの貼付位置(2023年6月末まで)】
(A)バックミラーがある場合、その前方のフロントガラス上部
(B)バックミラーがない場合、運転者席から最も遠いフロントガラス上部
(C)フロントガラスの上部が着色されている場合、(A)を下方にずらした位置

 しかし国交省によると、この貼付位置では、ドライバー自身が車検の有効期間を確認しづらいため、車検切れで運行しているクルマが少なくなかったという。そこで車検受け忘れ防止策の一環として、前方からもドライバーからも容易に確認できる位置に変更することとなった。

 国交省は、この車検ステッカー貼付位置の改正について、2022年6月22日~7月22日の間にパブリックコメントを募集。改正案の賛否をはじめとした、さまざまな意見が寄せられた。そうした反響があったことから、当初予定していた23年1月施行というスケジュールを延期。寄せられた意見を踏まえながら再検討し、例外措置を追加した。また、ドライバーへの周知期間が必要なことから施行開始も半年後ろ倒しになったという。

 2023年7月以降にクルマを新規登録もしくは車検を実施するドライバーは、新しい貼付位置を確認し、これまでの位置に貼付してしまわないように注意してほしい。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)