2022年06月06日 17:40 掲載

クルマ 東名あおり運転死亡事故。やり直し裁判で懲役18年の判決。

あおり運転の末、一家4人が乗ったワゴン車を本線上に停車させて追突事故に巻き込み、夫婦2人を死亡させたとして危険運転致死傷罪に問われていた石橋和歩被告。今日の横浜地裁の差し戻し審で、懲役18年の判決が下った。

タグ:

くるくら編集部

東名あおり運転事故で懲役18年の判決

東名あおり運転死亡事故|裁判|やり直し裁判|懲役18年|横浜地方裁判所|

横浜地方裁判所本庁 (c)hamazou - stock.adobe.com

 2017年6月、東名高速であおり運転を受けたワゴン車が本線上(追い越し車線)に停車、そこへ後続の大型トラックが追突し、ワゴン車に乗っていた家族4人が死傷する事故が発生した。

 この事故の差し戻し審の判決が、今日6月6日横浜地方裁判所で行われたが、マスコミ各社の報道によると、石橋和歩被告に懲役18年の実刑判決が言い渡された。

 この裁判は、2018年に1審で危険運転致死傷罪の成立を認め懲役18年の判決が下ったが、2019年の控訴審で、同罪の成立を認めた1審に誤りはないとしつつ、裁判の手続きに問題があったとして審理を差し戻していた。今回の裁判では、危険運転致死傷罪の成立が争点であったが、求刑通り懲役18年の判決が下った。

ライターお勧めの関連記事はこちら