2021年09月02日 19:40 掲載

クルマ メーカー別に【動画で見る】
タイヤパンク応急修理キットの使い方。
使った後のタイヤは要交換?


くるくら編集部 小林 祐史

<自動車メーカーによるタイヤパンク応急修理キットの使い方動画>

<トヨタのタイヤパンク応急修理キットの使い方動画>

<日産セレナのタイヤ応急修理キットの使い方動画>

<マツダのタイヤパンク応急修理キットの使い方動画>

<三菱のパンクタイヤ応急修理キットの使い方動画>

<ダイハツのタイヤパンク応急修理キット(Aタイプ)の使い方動画>

<ダイハツのタイヤパンク応急修理キット(Bタイプ)の使い方動画>

タイヤパンク応急修理を使用した後はどうなる

 タイヤパンク応急修理キットは、あくまでも「応急」の修理なので、その後にパンクの本格的な修理が必要だ。本格的なパンク修理を行う際は、まずタイヤをホイールから外し、注入した修理剤をタイヤの内側から拭き取る必要がある。修理剤はタイヤ内側だけでなくホイールの内側にも付着しており、こちらもふき取る。加えてホイールのエアバルブは交換となる。

 修理剤を拭き取ったら、タイヤの穴やキズが修理可能なものかを見極めてから本格的な修理となる。ただし穴やキズに流れ込んだ修理剤によって、本格的な修理で使う素材がタイヤと密着しづらくなるケースもある。そのため穴やキズは小さくても本格的な修理が不可能となり、タイヤを新品に交換することもあるのだ。

 このようなことから万が一、交換したばかりの新品タイヤがパンクしたなら、慌ててタイヤパンク修理キットを使わずに、レッカーによるロードサービスを要請することを検討してみよう。冷静にロードサービスとタイヤの交換費用を比較してから、タイヤパンク応急修理キットの使用を決めるべきだろう。

タイヤに関する記事