2021年09月02日 19:40 掲載

クルマ メーカー別に【動画で見る】
タイヤパンク応急修理キットの使い方。
使った後のタイヤは要交換?


くるくら編集部 小林 祐史

タイヤパンク応急修理キットには2種類ある

タイヤパンク応急修理キットが収納されている場所の一例

タイヤパンク応急修理キットが収納されている場所の一例 写真=小林祐史

 国内自動車メーカーが採用しているタイヤパンク応急修理キットは、大きく分けて2種類が存在する。それは修理剤をタイヤに注入する方法の違いで区別されている。1つは「手動注入型」、もう1つは「自動注入型」だ。それぞれの使い方を説明しよう。なおタイヤパンク応急修理キットは、従来スペアタイヤが搭載されていたラゲッジスペースのアンダーボード下などに収納されている。

手動注入型の使い方

マツダ2に搭載されている手動注入型のタイヤパンク応急修理キット

マツダ2に搭載されている手動注入型のタイヤパンク応急修理キット 写真=小林祐史

 パンクの原因であるネジやクギなどの異物が抜けずに残っている場合は、そのままにしておく。最初に修理剤ボトルをよく振り中身を攪拌。次に修理剤ボトルに注入用のホースをねじ込む。

バルブコアを外す

 そしてタイヤエアバルブのキャップを外し、次にキットに付属するコア回しで、バルブコアを取り外してタイヤの空気をすべて抜く。この時に空気圧でバルブコアが飛ばないようにコア回しを回す反対の手で、バルブコアを指でつまんでおくこと。

手動注入型のタイヤパンク応急修理キットに付属するバルブコア回し(下)とバルブコア(上)

手動注入型のタイヤパンク応急修理キットに付属するバルブコア回し(下)とバルブコア(上) 写真=小林祐史

修理剤ボトルを逆さにして注入

 修理剤ボトルに取り付けた注入用ホースを、エアバルブに深く差し込む(もしくはねじ込む)。差し込んだ後に修理剤ボトルを逆さまにし、手でボトルを数回つぶして修理剤をすべてタイヤに注入。使用後のボトルと注入ホースは取り外したりせずに、ホースにウェスなどを詰めておくこと。ボトルを収納する際に修理剤がこぼれる可能性があるからだ。

 キットに付属する新品のエアバルブにバルブコアを取り付ける。コンプレッサーの電源がオフになっていることを確認してから、エアバルブにコンプレッサーのホースを接続。

 車内のアクセサリーソケットに、コンプレッサーの電源プラグを差し込む(電源プラグを差し込む前に、エンジンを始動する、イグニッションキーをACCにするなどと、車種によって操作に違いがあるので、事前に取扱説明書で確認しておくこと)。電源をオンにして、コンプレッサーの空気圧計を確認しながら指定圧までタイヤへ空気を充填。

 もし10分以内に指定圧まで充填されない場合は、修理剤が穴にしみこんでいないケースが考えられる。その場合はジャッキアップし、タイヤを手で23回転させて修理剤をタイヤ全体にいきわたらせてから再度、コンプレッサーで空気を充填(後輪がパンクしている場合は、前輪に輪留めをしてから、ギアをニュートラルに入れ、サイドブレーキを解除しておく)。それでも指定圧まで上昇しない場合はタイヤパンク応急修理キットでは修理不可能なパンクとなるので、救援を要請しよう。

修理後は10分間の走行

 指定圧まで上昇したら、すぐにコンプレッサーをエアバルブから外し、バルブキャップを取り付ける。キット付属の速度指定シールをハンドルなどのドライバーからよく見える位置に貼り、キットを収納してから運転席に戻り、時速80km以下(法定速度内)で10分もしくは5kmを走行する。パンクの穴に入った修理剤は押し付けられると固まる仕組みとなっているので、空気を充填してから運転までは手際よく作業しよう。この走行の時点では、応急修理が確実だったか不明なので慎重に運転すること。

 走行後、安全な場所に停車して、再度コンプレッサーをエアバルブに接続してタイヤの空気圧を確認。空気圧が130kPa1.3kgf/cm2)以上あれば応急修理ができているので、時速80km以下で運転し、整備工場やタイヤ販売店などへ向かおう。なお空気圧が130kPa1.3kgf/cm2)以下の場合は、タイヤパンク応急修理キットでは対処できないものだったので救援を要請する。

<タイヤパンク応急修理キット(手動注入型)の使い方動画/住友ゴム工業>

<手動注入型タイヤパンク応急修理キットの作業手順>

  1. 修理剤のボトルを振って中身を攪拌する
  2. 修理剤ボトルにホースを付ける
  3. タイヤのエアバルブからキャップとバルブコアを外す
  4. 修理剤ボトルのホースをエアバルブに差し込む
  5. 修理剤をタイヤに注入する
  6. エアバルブに新品のバルブコアを取り付ける
  7. 電源がオフ状態のコンプレッサーをエアバルブにつなぐ
  8. コンプレッサーの電源プラグを車内のアクセサリーソケットに差し込む
  9. コンプレッサーの電源を入れて、タイヤに指定圧までの空気を充填する
  10. コンプレッサーをエアバルブから外し、10分間もしくは5kmを走行する
  11. 停車し、コンプレッサーをエアバルブに接続して空気圧を確認
  12. 時速80km以下(法定速度以下)で、慎重に運転して整備工場やタイヤ販売店などに向かい、本格的なパンク修理を依頼する

次ページは、自動注入型の
タイヤパンク応急修理キットの使い方の動画を見てみよう

タイヤに関する記事