2021年07月09日 11:50 掲載

クルマ 夏の車中泊の暑さ対策。車内温度はどれくらい暑い?【検証編】

夏の強烈な日差しがやってくると、短時間の駐車でも、車中泊をしていても、否応なしに車内温度が高くなる。サウナのようになった車内はいったいどれだけ暑いのだろうか。検証編では、過去の「JAFユーザーテスト」の結果から、夏の車内温度や暑さ対策の効果について紹介しよう。

くるくら編集部 大槻 祐士

  車中泊のプロに聞いた暑さ対策は、車中泊の暑さ対策。涼しく過ごすグッズや方法は?【対策編】の記事をご覧ください。

夏の車内はどれくらい暑い?

夏|暑さ対策|車内温度|車中泊|車内置き去り|JAFユーザーテスト|夏のレジャーを楽しむ親子のイメージ

© sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)

 夏の車内はとにかく暑い。走行中はエアコンを稼働させたり、窓を開けて風を入れたりすることで暑さを和らげられるが、駐車時にはそうはいかない。例えば、買い物中の短時間の駐車でも、ムワッとした熱気を感じることは多々あるだろう。果たして車内はどれくらいの温度になっているのだろうか?

 JAFユーザーテストでは、2012年8月の埼玉県で午後12時~16時の間において、駐車したクルマの車内温度がどの程度上昇するのかを検証した。

 外気温が35℃の時に、車内温度を25℃にしてから検証を実施。すると、車内温度は10分で約38℃となり、2時間程度で最高温度52℃に達した。この時のダッシュボードの最高温度は74℃だった。少しの間、駐車しておくだけでも車内はかなりの高温になっていることが分かる。

夏|暑さ対策|車内温度|車中泊|車内置き去り|JAFユーザーテスト|サンシェードの効果|サーモグラフィー

対策なし車両とサンシェード装着車両のサーモグラフィー。対策なしではダッシュボードが真っ赤になっている。 出典:JAFユーザーテスト

 また、比較のためにサンシェードを装着した車両では、車内最高温度は50℃。ダッシュボードの最高温度は52℃となった。サンシェードしていると車内温度に大きな変化はないものの、ダッシュボードの温度は20℃以上低下した。

 サーモグラフィーで観察すると、何も対策していない車両のダッシュボードは真っ赤に染まり、サンシェードをした車両は緑色になっているのがわかる。

ダッシュボードで目玉焼きが焼ける?

 ダッシュボードはサンシェードなどの対策をしないと、触れないほどの高温となることがわかった。それでは身近な日用品をダッシュボードに置いておくとどうなるのだろう。以下の日用品をダッシュボード上に置いて検証を行った。

夏|暑さ対策|車内温度|車中泊|車内置き去り|JAFユーザーテスト|ダッシュボードに置いた日用品

日用品をダッシュボードに置いた様子。 出典:JAFユーザーテスト

【ダッシュボードに置いた主な日用品】
・クレヨン
・卵
・スマートフォン
・100円ライター
・消せるボールペンで書いたメモ

 するとクレヨンは、約1時間で黒色から溶け始め、約1時間20分で全てが溶けてトレーから流れ出した。卵は、約1時間で白身の周りが白くなり、約2時間で全体が白くなって固まった。スマートフォンは警告画面が表示され、一部の機能を除いて使用不能となった。100円ライターは2~3時間でケースに亀裂が生じて、ガスが抜けた。消せるボールペンで書いたメモは約2時間で消えて読めなくなった。

夏|暑さ対策|車内温度|車中泊|車内置き去り|JAFユーザーテスト|ダッシュボードで変質した日用品

変質や破損、誤作動を起こした日用品。 出典:JAFユーザーテスト

 このようにダッシュボード上に置いたものが、熱さで破損したり誤作動を起こしたので注意が必要だ。特に、ライターやスプレー缶、ガス缶など、破裂や引火の可能性もある危険物を車内に置くことは避けるべきだ。なお、ハンドルなども高温になる可能性があるので、火傷などにも十分に注意したい。

 車中泊のプロに聞いた暑さ対策は、車中泊の暑さ対策。涼しく過ごすグッズや方法は?【対策編】の記事をご覧ください。

ライターお勧めの関連記事はこちら