2020年09月11日 16:00 掲載

フリフリ人生相談 【フリフリ人生相談】言っていいこと悪いこと


純一

知的謙遜


ちょうどネットのニュースで、
メンタリストのDaiGoさんが新刊を出されたという話を読みました。
そのなかに、
「知的謙遜が大切である」という言葉がありました。

「知るを知るとなし、知らざるを知らずとなす。これ知るなり」
という言葉が論語にあります。
自分の知識の範囲を明確にして、
自分がなにを知らないかを正しく理解する。
これがものごとをほんとうに「知る」ということである。
さすが論語、人生の基本がありますね。

私はいくつかの会社を所有しています。
日常的に、そういう会社で働いている人と会うことが多く、
ある意味、どこでも、言いたいことを言いたいように言える立場なので、
つい失敗してしまうことが多いと反省しています。

「知的謙遜」が足りないということですね。

30代女性さんが旦那さんを激怒させたということもまた、
「知的謙遜」が足りなかったと言えるでしょう。
あなたのセンスとか性格は置いといて、
少なくとも旦那さんがどういう言葉をいやがるか、ということに、
気づけなかったし配慮できなかったわけです。

「あなたの言葉を聞いて相手はどう思うか?」
というのは、とても身近にある「自分が知らないこと」です。

「知らざるを知らずとなす」。
相手の心はわからないのだから、謙虚に慎重に接するべし。

「知的謙遜」を身につけられるように、
努力してみる必要がありますね。

他の人のアドバイスも聞きたい

天空

恵子