2022年03月15日 12:50 掲載

ライフスタイル 近畿道などで、貨物自動車等の通行料金が値上げに。4月1日から

近畿圏の高速道路等4路線で、4月1日から、中型車と大型車の通行料金が値上がりする。値上げ幅は最大で160円。

タグ:

くるくら編集部 会田 香菜子

中型車と大型車で通行料金が値上げに

高速道路料金所イメージ

高速道路料金所イメージ © shashamaru - stock.adobe.com

 E26 近畿道をはじめとした近畿圏の高速道路と有料道路4路線の通行料金が、中型車と大型車について値上がりとなる。乗用車が含まれる小型車は従来のまま。値上げは4月1日から。

 近畿圏では、路線ごとに料金水準や車種区分などが異なっていたため、2017年から、対距離制を基本とした料金の整理と統一が順次行われてきた。その際に、利用者の負担軽減のために激変緩和措置がとられたのだが、その緩和措置の終了が、今回の値上げの理由だ。

 対象となる4路線は、E26 近畿自動車道、阪和自動車道、E90 堺泉北道路、E93 第二神明道路/E94 第二新明道路北線。対象となる車種は、大型車及び中型車。ETCでも非ETCでも値上がりとなる。具体的な通行料金は以下の通り。

通行料金値上がり対象道路名と車種一覧

通行料金値上がり対象道路と車種一覧 出典=NEXCO西日本

【4月1日以降の通行料金一覧】※一部括弧内は非ETC支払いの場合

E26 近畿道・吹田IC~松原IC 
中型車:変更前800円 → 変更後880

E26 阪和道・長原IC~岸和田和泉IC 
中型車:変更前800円 → 変更後880

E26 近畿道・E26 阪和道・吹田IC~岸和田和泉IC 
中型車:変更前1100円(1600円) → 変更後1210円(1760円)

E90 堺泉北道路・境JCT~助松JCT
中型車:変更前160円 → 変更後180
大型車:変更前230円 → 変更後250

E93 第二神明道路・須磨IC~明石西IC
中型車:変更前520円 → 変更後580
大型車:変更前750円 → 変更後800

ライターお勧めの関連記事はこちら