2022年09月01日 20:20 掲載

ライフスタイル 東海北陸道・飛騨清見IC~小矢部砺波JCTなどで夜間通行止め。迂回で所要時間が最大45分増加。

NEXCO中日本は、E41東海北陸自動車道(東海北陸道)・飛騨清見IC~小矢部砺波JCTにおいて4車線化に伴う夜間通行止めを実施する。期間は、9月5日(月)~21日(水)、10月24日(月)~11月11日(金)(土日・祝日を除く)。

文=谷中朋未

東海北陸道・飛騨清見IC~小矢部砺波JCTなどで夜間通行止め

東海北陸道|飛騨清美IC|小矢部砺波JCT|夜間通行止め|実施スケジュール(9月)

東海北陸道|飛騨清美IC|小矢部砺波JCT|夜間通行止め|実施スケジュール(10月)

E41東海北陸道・飛騨清見IC~小矢部砺波JCTの夜間通行止めスケジュール。 画像=NEXCO中日本

 NEXCO中日本は、E41東海北陸自動車道(東海北陸道)・飛騨清見IC~小矢部砺波JCTにおいて夜間通行止めを実施すると発表した。この夜間通行止めは、トンネル内設備や土木構造物の点検・補修、4車線化に向けた車線切り替え工事などによるもの。工事区間によって日程が異なり、東海北陸道・飛騨清見IC~小矢部砺波JCT(約67.9km)は9月5日(月)~21日(水) 、白川郷IC~小矢部砺波JCT(約42.6km)では10月24日(月)~11月11日(金)に、いずれも土日・祝日を除く各日20時から6時に実施される。

【東海北陸道・飛騨清見IC~小矢部砺波JCT夜間通行止め概要】
実施日:9月5日(月)~14日(水)の各日20時~翌6時(土日・祝日を除く)
予備日:9月15日(木)~21日(水)の各日20時~翌6時(土日・祝日を除く)

【東海北陸道・白川郷IC~小矢部砺波JCT夜間通行止め概要】
実施日:10月24日(月)~11月4日(金)の各日20時~翌6時(土日・祝日を除く)
予備日:11月7日(月)~11日(金)の各日20時~翌6時(土日・祝日を除く)

荘川IC~砺波ICでは、迂回により所要時間45分増加

東海北陸道|飛騨清美IC|小矢部砺波JCT|夜間通行止め|迂回ルートの概要

夜間通行止め中の迂回ルート概要。 画像=NEXCO中日本

 夜間通行止め中は、近隣ICから流出し、国道41号や国道156号、国道158号、国道304号などの一般道を利用して迂回する必要がある。NEXCO中日本によると、迂回ルート利用時は、所要時間が最大で45分増加する見込み。時間に余裕をもって出発するよう呼びかけている。迂回ルートの概要は下記の通り。

【主な迂回ルートと所要時間(非渋滞時)】
・荘川IC⇔国道158号⇔国道156号⇔砺波IC
 所要時間:約120分(通常より約45分増加)
 ※国道156号は、高さ3.5mを超える車両は通行できない
・荘川IC⇔国道158号⇔国道156号⇔国道304号⇔金沢森本IC
 所要時間:約120分(通常より約30分増加)
・飛騨清見IC⇔国道158号⇔国道41号⇔富山IC
 所要時間:約120分(通常より約40分増加)
・荘川IC⇔国道158号⇔国道156号⇔白川郷IC
 所要時間:約50分(通常より約10分増加)
・白川郷IC⇔国道156号⇔砺波IC
 所要時間:約75分(通常より約35分増加)
・白川郷 IC⇔国道156号⇔国道304号⇔金沢森本IC
 所要時間:約75分(通常より約25分増加)

 なお、通行止め区間において、乗継指定ICから一般道に迂回し、再度同一方向の高速道路に乗り継ぐ場合は、迂回せずに直通利用した場合の通行料金より高くならないよう、乗り継ぎ料金調整が実施される。

 工事の実施状況などは、NEXCO中日本公式サイトや「i Highway(アイハイウェイ)中日本」などで確認できる。当該区間を利用予定のドライバーは出発前に、最新情報を確認しておきたい。

・i Highway(アイハイウェイ)中日本
https://www.c-ihighway.jp/

 【お詫びと訂正】公開時、表記の一部に誤りがありましたので、正しい表記に修正いたしました。お詫びして訂正させていただきます。

ライターお勧めの関連記事はこちら