2022年07月15日 14:30 掲載

ライフスタイル 立ち寄りたくなるトイレがあるSA・PA。NEXCO西日本【後編】

NEXCO西日本管轄の、立ち寄りたくなるトイレがあるSA・PA【後編】では、優雅な演出で有名なトイレがある宝塚北SAと、2022年1月にトイレをリニューアルしたばかりの桂川PA(上り)を紹介。

文=くるくら編集部

西日本最大級にして、超豪華なトイレも有名! 宝塚北SA

「宝塚モダン」をコンセプトとした、宝塚大劇場の正面ゲートのような外観。

 新名神高速道路 高槻JCT/IC~神戸JCT間の全線開通にあわせ、2018年に完成した、宝塚市で初となる宝塚北SA

 宝塚北SAの外観は、宝塚市の「花のみち」の街並みをイメージした南欧風の建物が特徴。広々とした敷地に加え、新名神高速道路の上り線と下り線のどちらからでも利用が可能なため、駐車台数が名古屋方面と神戸方面を合わせて約400台、店舗面積が6,739平方メートルと、西日本最大級規模のSAとなっている。

 施設内の至るところに花が飾られ、宝塚歌劇の限定グッズや、手塚治虫キャラクターグッズに、関西広域のお土産を扱う店舗や、屋外のイベント広場では宝塚歌劇OGによるトークショーが催されることもあり、わざわざ立ち寄る利用客も多い。

 そして、宝塚北SAで何より有名なのが優雅な演出を備えたトイレである。特に女性用トイレの造りがかなり凝っており、オープン直後に各メディアがこぞって取り上げている。

向かい合う紳士・淑女に、スクリーンまで用意されたトイレの入口は、まるで劇場の観劇席へ続くかのような雰囲気。

女性用トイレは中央に洗面台が置かれ、その上にはシャンデリアがある。

宝塚劇場の楽屋をイメージしたというパウダーコーナー。

パウダーコーナーの隣にはドレッシングルームも用意されている。

とにかく美しい並びで、男性トイレも負けていない。

手を洗った水がそのまま洗浄水になる、スマートな仕掛けが一部の小便器に設けられている。

男性用大便器も洗面台をぐるりと囲むように個室が設置されている。

 宝塚北SAはファミリー向けの設備も充実しており、オムツ替えスペース、離乳食スペース、授乳室、キッズスペースなどを完備。室内は天然アロマの香りでリラックスできる空間を演出している。

 屋外にはドッグランに加え、一般道からの利用も可能なウェルカムゲートが設置されているので、地域の人からも愛される憩いの場として、まだまだ人気は高まりそうだ。

写真左がベビーコーナー、写真右がファミリートイレ。

新名神高速道路 宝塚北SA(上り線、下り線共通)

営業時間 平日 8:00~18:00
休日 7:00~19:00
メイントイレ 男:小18、大20、男性用洗顔洗髪コーナー2 女:56、パウダーコーナー12 多機能:2、ファミリー:2、ベビーコーナー1
サブトイレ 男:小10、大10 女:30 多機能:2、ファミリー:1
駐車場
(名古屋方面)
大型79台、小型82台、兼用27台、トレーラー3台、バス15台、身障者(小型)6台、身障者(大型)1台、二輪:4台、一般道側の駐車15

次ページでは
桂川PA(上り)を紹介

ライターお勧めの関連記事はこちら