2022年07月12日 15:00 掲載

ライフスタイル 立ち寄りたくなるトイレがあるSA・PA。NEXCO西日本【前編】

高速道路で休憩時に立ち寄るSA・PAのトイレは、今や、広く、清潔で、使いやすいイメージが定着している。そこにはどのような工夫が凝らされ、これからどのように進化していくのか。つい立ち寄りたくなるトイレがある、NEXCO西日本管轄のSA・PAを紹介。

文=くるくら編集部

関門自動車道 めかりPA(上り線)から見られる、関門海峡と関門橋の大パノラマ。観光名所顔負けなこのベストショットは、トイレ棟から撮影したもの。

NEXCO西日本のトイレへの取り組み"4C"とは?

 立ち寄るSAPAによって異なる印象を受けるが、どこに寄っても広く、清潔で、使いやすいトイレ施設の存在は、なんとありがたいことか。

 NEXCO西日本では、管轄するエリア(福井・滋賀県から沖縄県までの24府県)で新規オープン、リニューアルオープンするSAPAのトイレに対し、"4C"と呼ばれる活動に取り組んでいる。この4Cとは、"Clear"、"Clean"、"Comfortable"、"Charming"4つの指標を合わせた呼称である。

 そこで、それぞれのコンセプトが実際にどういった取り組みをしているものなのか、「めかりPA(上り)」のトイレを例に、説明していきたい。

"Clear"=少ない電力で明るいトイレ

 LEDの照明器具や大きなガラスを積極的に採用することで、明るく開放感のあるトイレを目指している。

通路やちょっとした壁面でも大きな窓ガラスを用いることで、自然光の明るさと開放感を得られる。

"Clean"=シンプルで掃除しやすいトイレ

 汚れや臭気が溜まりやすい目地があるタイル床を、乾式清掃にも適した床材に変更。また、便器や什器などは、シンプルなデザインを採用し、掃除しやすいトイレを目指している。

床や便器以外に、洗面台やパウダールームなどもシンプルな設計が採用されている。ピクトグラムのおかげで直感的に用途が理解でき、利用者にも清掃員にも優しい仕様に。

"Comfortable"=快適なトイレ

 すべての洋式便座を温水洗浄便座にし、利用状況が一目で分かるサインをトイレの個室や入口に配置することで、スムースに利用できるトイレを目指している。

トイレの入口には空室・利用状況を確認できる掲示板が用意されている。個室に入り、施錠すると、ドア上部の点灯色が青から赤に変わり、連動して掲示板での表示も青から赤に切り替わる。※空きブース案内表示はイメージです。

"Charming"=つい寄りたくなるトイレ

 清潔感や利便性はもちろん、木目調、和モダン、伝統柄、南欧風などの内装に、ロケーションや歴史など、立地条件を活かした施設そのものの工夫など、つい寄りたくなる魅力的なトイレを目指している。

壁はレンガ調で、展望デッキのライトアップも地域の観光地に合わせた仕様。こんなに写真映えするトイレ棟が他にあるだろうか。

 さらに、リニューアルオープンしたSAPAの中には、この4C以外にも、環境への負荷軽減を考慮した"Ecology"もコンセプトに加えた、"4C+1E"を指標とするトイレも増えている。

トイレから逆検索でSAPAを探すという手も!?

 NEXCO西日本のWebサイトでは、オストメイト対応トイレや、バリアフリートイレなど、どのSA・PAにどれだけの数の設備があるかを確認できる。さらに、例えば項目をバリアフリートイレに絞って検索することもできるので、必要な種類のトイレがある、という人は事前にチェックしておくことを勧める。 NEXCO西日本施設ガイド トイレ・化粧室(https://www.w-holdings.co.jp/service/toilet.html)


次ページでは
めかりPA(上り)を紹介

3717,3710,3678,3694,3690