2022年01月06日 15:20 掲載

ライフスタイル 都心で10cmの積雪も! 東京23区に大雪警報が発令。高速道路では冬用タイヤの装着とチェーンの携行を

気象庁は1月6日、東京と千葉に大雪警報、埼玉、神奈川、静岡の各県に大雪注意報を発表した。本日夕方から夜にかけてさらなる降雪が予測される。高速道路各社は冬用タイヤの装着とチェーンの携行を呼び掛けている。

文=くるくら編集部

都心部では午後3時の時点で、家の屋根や車の上に雪が積りはじめている(東京都港区にて撮影)

都心部では午後3時の時点で、すでに多くの雪が家の屋根や車の上に積りはじめている(東京都港区にて撮影)

東京23区でも積雪の可能性

 1月6日の関東は、気象庁の発表によれば、今後夕方から夜にかけて、本州の南側を通過する低気圧の影響で、関東地方では平野部でもさらなる降雪が予測されている。東京23区を含む関東南部では大雪となる可能性もあり、車を運転する際は注意が必要だ。

 なお、6日12時から7日12時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、関東地方南部の山地で10cm、関東南部の平地で5cmとなっている。東京23区でも最大10cmの積雪となる所があるという。

ノーマルタイヤでの雪道走行は、法令違反!

 NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本、ならびに首都高速道路の4社は、高速道路の利用時に冬用タイヤの装着とチェーンの携行を呼び掛けている。高速道路上では自力走行不能車両が1台でも発生すると長時間の渋滞や通行止めにつながる恐れがある。

 降雪区間では、安全確保のため、速度規制や冬用タイヤ規制がおこなわれることが想定されるとともに、降雪量が増えた場合は、通行止めの可能性もある。出発前は、最新の気象予報ならびに下記の道路交通情報を必ず確認してほしい。

最新の規制情報はこちらから確認!

・ドライブトラフィック
現在の高速道路の通行止め区間、降雪予測、ライブカメラ情報を確認したい方はこちら
https://www.drivetraffic.jp/

・道路交通情報NOW!!
一般道路の情報も含めた道路交通情報を確認したい方はこちらから
https://www.jartic.or.jp/

・高速道路影響情報サイト
NEXCO各社、首都高を含めた各社のWEBサイトを集約した情報を確認したい方はこちらから
https://ex-ssw.com/

ライターお勧めの関連記事はこちら