2020年07月13日 15:50 掲載

ライフスタイル 新型コロナ後の2020年、世界のモータースポーツ開催カレンダー

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、さまざまなモータースポーツイベントが中止・延期された。しかし5、6月になり欧州などの一部地域で感染拡大が沈静化したため、F1やWRC世界ラリー選手権、WEC世界耐久選手権などの再開計画が発表されたので紹介しよう。

くるくら編集部 小林 祐史

F1は今期10戦へと縮小

F1の開幕戦オーストラリアGPのスタート。

F1の開幕戦オーストリアGPのスタート。写真:メルセデス・ベンツ

アストンマーティン・レッドブル・・レーシングのアルボン

ホンダエンジンを搭載するアストンマーティン・レッドブル・レーシングは、フェルスタッペン、アルボンとも開幕戦をリタイヤ(写真はアルボン)。写真:ホンダ

 開幕戦オーストラリアGPが開催直前の320日(金)に中止となったF1は、当初予定していた史上最多となる年間22戦というカレンダーを8戦に減らしたものを6月12日に発表。その後、7月10日にトスカーナ(イタリア)とロシアの2戦を追加した10戦というカレンダーになった。新たな開催国は、オーストラリア、ハンガリー、イギリス、スペイン、ベルギー、イタリア、ロシアとヨーロッパ近隣に限定。開催国をヨーロッパ近隣としたのは、まず大陸をまたぐ渡航は新型コロナウイルス拡大のリスクがあるため。また73日から927日という約13週間で、10戦を開催するという過密スケジュールなので、機材搬送やスタッフ移動の負担を軽減するためもある。さらにオーストラリアGPとシュタイアーマルクGPのレッドブル・リンク、そしてイギリスGPのシルバーストーンは、同一サーキットで2週連続開催だ。これで機材搬送とスタッフ移動が不要となり、過密スケジュールを軽減させている。F11つのサーキットで年1回開催というのが慣例だったが、新型コロナウイルスはそれすらも書き換えてしまった。

 このような開催地の限定や過密スケジュールなどの理由により、毎秋に行われていた日本GP(鈴鹿)は中止となっている。それだけでなく感染拡大によって、歴史あるモナコGPも中止に追い込まれたという異例づくしの新カレンダーとなった。

F1 2020年開催カレンダー

73日(金)-5日(日):第1戦オーストリアGP(レッドブル・リンク)
710日(金)-12日(日):第2戦シュタイアーマルクGP(レッドブル・リンク)
717日(金)-19日(日):第3戦ハンガリーGP(ハンガロリンク)
731日(金)-82日(日):第4戦イギリスGP(シルバーストーン)
87日(金)-9日(日):第5戦イギリスGP(シルバーストーン)
814日(金)-16日(日):第6戦スペインGP(カタルニア・サーキット)
828日(金)-30日(日):第7戦ベルギーGP(スパ・フランコルシャン・サーキット)
9月4日(金)-6日(日):第8戦イタリアGP(モンツァ・サーキット)
9月11 日(金)-13日(日):第9戦トスカーナGP(ムジェロ・サーキット)
9月25日(金)-27日(日):第10戦ロシアGPソチ・オートドローム
※カッコ内は開催サーキット名。

→次ページは
WRC世界ラリー選手権

2020年の世界的なモータースポーツに関する記事