クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

ライフスタイル最終更新日:2023.06.23 公開日:2023.03.08

人気のタクシーアプリ「GO」に新サービス!アプリからの注文のみを受ける「GO Reserve」スタート

タクシーアプリ『GO』を展開するMobility Technologiesと日本交通が、アプリからの注文のみを受け付ける『GO Reserve(ゴーリザーブ)』を発表。運転手不足による慢性的なハイヤー・タクシー業界の人手不足解消と、効率的な運行を目指すという。

文=高田ひかる

記事の画像ギャラリーを見る

タクシーアプリ専用のサービスが運行開始

アプリ注文のみを受け付ける新しいタクシー『GO Reserve(ゴーリザーブ)』。

 タクシーアプリ「GO」を展開するMobility TechnologiesMoT)とタクシー会社大手の日本交通が、アプリからの注文のみを受け付ける新しいサービス「GO Reserve(ゴーリザーブ)」を発表した。この取り組みは、タクシー供給不足を解消して利便性を高めることと、ハイヤー・タクシー業界の人材獲得を目的としている。

GO Reserve」は、日本交通の子会社であるハロートーキョーが運営するサービスで、タクシーアプリ「GO」から目的地入力済みのキャッシュレス注文などを受け付け、パートタイム運転手「GO Crew」が乗務する。認可はその他ハイヤーとして受けている。37日より順次稼働し、年末までに約30台を90名体制で運用する予定。当初は東京23区・武蔵野市・三鷹市で営業予定だが、今後は全国の主要都市でも展開を検討していく。

アプリ専用タクシーはどうして生まれた?

アプリ注文のみを受け付ける新しいタクシー『GO Reserve(ゴーリザーブ)』。パートタイム運転手『GO Crew』が乗務する。

 タクシー業界は、慢性的な運転手不足に悩まされていた。そこで、タクシーが供給不足になる特定の時間帯やエリアをカバーし、効率的な運行を実現するために、パートタイムのタクシー運転手の導入に踏み切った。それが「GO Reserve」の乗務員「GO Crewである。

GO Crew」は二種免許取得はもちろん、運輸規則に基づいた接客やサービス、地理や保安関係について座学と実地で10日間学んだ後、運転手として従事する。運行は「お客様探索ナビ」に従い、注文の可能性が高いルートを走行しながら営業する予定だ。着用する制服は、軽量かつストレッチの効いたノーカラージャケットで、夏場は半袖シャツにオリジナルの名札が目印となる。利用の際は、乗務員の制服にも注目だ。

資料提供=Mobility Technologies

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月2日まで)
応募はこちら!(6月2日まで)